復縁は諦めたら叶った?諦めた途端に叶う10の理由!

復縁は諦めたら叶った?諦めた途端に叶う10の理由!

元彼との復縁を諦めた途端、元彼から復縁を持ち掛けられることは良くあります。それは復縁を諦めたからこそ、本来のあなたが持っている魅力が表に出てそれに彼が魅せられるからです。

もちろん、復縁を諦めるのは簡単ではありません。焦りや執着から解放されるにはコツがいります。

復縁を諦めることがもたらす効果、復縁の諦め方、元彼の気持ちなどについて解説していきます。

 

復縁を諦めると叶ってしまう理由10個

元彼との復縁を諦めると不思議と復縁が叶ってしまうのには10個の理由を紹介します。

復縁を諦めることで、ネガティブな気持ちから解放され、あなた本来の魅力が戻ってくるかもしれません。

 

冷静になって視野が広くなる

元彼との復縁を渇望している時期は視野が狭くなってしまいがちです。物事の判断基準が「復縁できるかどうか」「復縁に有利かどうか」に偏ってしまい、それ以外にことに関心を持てなくなってしまいます。

いわば過去にしがみついている状態です。 しかし、復縁を諦めると復縁に関係のない世界にも興味が湧き、視野が広くなります。今や未来について前向きに捉え、楽しめるようになるのです。

元彼にとって「昔に戻りたい」と迫って来る元彼女に魅力はありません。しかし「より良いこれから」に向かっていく女性とならば一緒に歩む未来を前向きに考えやすいです。

 

前向きになれて輝ける

復縁がうまくいかないと気持ち後ろ向きになってしまいます。ネガティブ思考になったり落ち込んだりイライラしがちです。

些細なことで一喜一憂するメンタルが不安定な女性とよりを戻したいと男性は考えません。しかし、復縁を諦めると自分自身の幸せや楽しみを見出そうとし、前向きな気持ちになり、それが魅力となって輝きます。

男性はポジティブな女性と一緒にいると楽しいと感じるもの。元彼も「もう一度一緒に過ごしたいな」と考えやすくなるのです。

 

冷却期間が取れる

冷却期間を設けると復縁の成功率は上がります。別れた直後や別れた後に強い関わりがある状態だとお互いに心を冷静にすることができません。

別れたばかりでしつこく復縁を迫られるのは相手にとって嫌な感情だけが大きくなってしまうもの。

お互いに距離を置くことで冷静になり、感情がフラットな状態に戻せます。いわゆる「ほとぼりが冷める」状態です。

冷静な状態で再び相手と向き合い、より良い付き合い方や良いところが見えやすくなります。

 

執着や恨みから解放される

復縁に執着していると、それに応じてくれない彼にあなた自身が愛情だけでなく恨みすら抱くようになってしまいます。

今、私がこんなにも苦しいのは元彼のせいだ!よりを戻さない元彼が悪いんだ!とさえ考えてしまう人もいるもの。

元彼は自分を責めたてる女性の元に戻りたくなどありません。

復縁を諦めることによって元彼への執着や恨みなどから解放されます。自分に依存せず自立した女性とならば、元彼もまた新しい関係を作っていこうと好意的に接するようになるでしょう。

 

自分を大事にできる

復縁に固執している時にはなりふり構っていられません。しかし「復縁の為ならばなんだってできる!」という姿勢は元彼にとって怖いばかりです。

自分を大切にできない人が他人から大切にされようなどというのは無理な話なのです。

復縁を諦めれば時間もお金も心も自分のために使えます。まずは自分を大切にし、自分自身を見つめなおすことが大切。

自分を大切にできれば、本当の意味で元彼を大切にするのはどうすればいいのかが見えてきます。

 

笑顔が増えるから

復縁があきらめきれないと何かイイコトがあっても「復縁に関係がないのならば意味がない」という感情に覆われ、イイコトに価値すら見出せません。

しかし、復縁を諦めるとそれまで見過ごしてきたイイコト、楽しいこと、嬉しいことなどに気が付きやすくなるのです。

それに伴い、自然と笑顔が増えることであなた自身の魅力が見えてくるのです。 暗くて必死な表情をしている元彼女と復縁する気にはなりませんが、よく笑うようになれば元彼も見る目が変わってくるでしょう。

 

自分磨きに専念できる

復縁を望んでいる時にはどうしたら元彼の心を取り戻せるだろうかばかりを考え、行動してしまいがちです。しかし、復縁を諦めると関心を自分自身に向けられます。

元彼がどう思うかではなく、自分自身が自分をどう思うか、自分をもっと好きになるためにはどうしたらいいかを考えられます。

彼好みのファッションや言動ではなく、自分が望む服を着て自分がやりたいことをするようになるのです。

自分磨きに専念して魅力を増したあなたに元彼は惚れ直してくれる可能性は十分にありますよね。

 

元彼と適切な距離を取れる

復縁を諦めれば元彼に媚びたり縋ったりしなくなります。ギクシャクしなくなり、元彼もあなたに対して身構えません。

やっかいな元恋人ではなく、1人の人間同士として新たな関係をスタートさせていけるのです。

とはいえ、やはり元々は付き合っていたカップル。離れても心の中ではどこか気になってしまうもの。離れることで、少し距離をとってあなたの自然体を意識させることができます。自然体で接していれば再び恋心も芽生えやすくなるでしょう。

 

元彼も冷静になれる

復縁を迫られていると元彼はあなたに対して警戒をします。逆上させないように、気を持たせないようにと腫れもの扱いです。

前述したように、しつこくまとわりつかれ続けていると悪い感情すら抱かれるでしょう。

復縁を望むそぶりがなくなればあなたへの警戒や悪感情はなくなります。それだけでなく、男性は付き合っていた彼女のことはどこか忘れられないもの。

冷静になれば「あのときは俺も悪かったな」「元彼女、こんなところが素敵だったな」などと考えられ、あなたの魅力や自分の本当の気持ちに気が付きやすくなるのです。

 

男性は追われるよりも追いたい生き物

恋に関して、男性は追われるよりも追いたい生き物です。自分からグイグイと迫って来る女性に対しては「いつでも手に入るし」とあまり興味を持てません。

しかし、元彼女が復縁を諦め、自分から離れて行ってしまうとなると話が変わります。惜しくなったり改めて元彼女の魅力に気が付いたりして「もう一度俺のものにしたい!」と復縁を持ち掛けてくるのです。

 

元彼との復縁の諦め方

復縁を諦めるのは簡単ではありません。すぐに気持ちを切り替られないのは当たり前です。

徐々に元彼に囚われていた心が自由にしていきましょう。 焦りや不安、執着などから解放されるコツを紹介します。

 

距離を取る

自分から元彼に近づかないようにしましょう。会わない、見ない、話しかけない、連絡を取らないなどを徹底してください。

同じ職場やサークルなど、どうしても関わってしまうような環境ならば最低限の挨拶程度にとどめましょう。

元彼と接しない生活を続けているとそれが当たり前になり、段々と執着心が薄れていきます。

 

SNSは見ない

寂しくても、気になっても元彼のSNSは見ないようにしましょう。元彼の日常を垣間見てしまうと寂しくなったり嫉妬したりして執着は強くなるばかりです。

元彼に関する情報をシャットアウトし、元彼について考える時間を減らしましょう。

いつまでも元彼に興味を持っていると復縁を諦められません。

 

タイムリミットを決める

今すぐ復縁を諦めるのが無理な場合はタイムリミットを決めましょう。次のクリスマスまでや元彼の誕生日までなどと設定して、その間は元彼を好きでいることや復縁を望むことを自分に許すのです。

やるだけやってもダメだと実感できれば諦めもつけやすくなります

1番ダメなのは復縁があきらめきれないままダラダラと時間を無駄にすることです。

 

没頭できるものを探す

趣味や仕事など夢中になれば元彼を考える時間は減り、復縁したいという気持ちも薄れていきます。没頭できるものを探しましょう。

何もやる気が起きない、そんな気力がないという人は映画やドラマなど受動的に楽しめるコンテンツがおすすめです。

 

元彼に諦めたと宣言する

言葉には力があります。諦める決意ができたら元彼に「いままで復縁を迫ってゴメンね。もうまとわりつかないね」と宣言しましょう。

元彼女が諦めたと実感できれば元彼は警戒心を解きますし、謝罪も受け入れられるのでフランクな関係が築きやすくなります。

あなた自身も面と向かって口に出すことで気持ちにより踏ん切りがつけやすくなるでしょう。

 

新しい出会いを探す

恋を忘れるには新しい恋をするのに限ります。元彼に実りの無いアプローチをし続けるくらいならば、新しい男性からのアプローチを受けましょう。

新鮮な恋にワクワクしていれば終わってしまった恋への執着などなくなります。合コンたマッチングアプリ、飲み会などに積極的に繰り出していきましょう。

元彼よりもスペックの高い男性など、沢山いますよ。

 

ダメな元彼との復縁の諦め方

復縁を諦める時には本当に心の底から諦めなければ意味がありません。表面上だけ諦めた振りをしないようにしましょう。かえってこじれて復縁が遠のきます。

復縁を諦めると復縁できる場合はありますが、「復縁するために復縁を諦めている」ような状態は諦めているとは言えません。

 

決意が固まっていないのに諦めたと宣言する

元彼に復縁を諦めたと宣言するのは元彼と新たな関係を築くきっかけになりますが、本当は諦めていないのに宣言するのは意味がありません。

まだ復縁にこだわっているのかどうかは何となく分かるものです。 本心からではない「諦めた宣言」は気を引くための駆け引きではないかと却って元彼の心を閉ざしてしまいます。

 

何度も諦めたと宣言する

元彼への復縁を諦めた宣言は1度だけにしましょう。

何度も何度も「もう復縁は諦めたから」「しつこく迫ってゴメンね」などと言っていると復縁諦めた宣言も結局は元彼と関わる口実だと思われてしまいます。

回数を重ねれば重ねるほど本気とは受け取ってもらえません。 謝り足りない、今の自分を知って欲しいという欲求は封印しましょう。

諦めたと宣言したのならばその言葉通り過剰に元彼に関わろうとしてはいけません。

 

「復縁したいわけじゃない」と言いながら元彼と関わり続ける

復縁は望んでいない、これは恋のアプローチではないと言えば何をしてもいいわけではありません。

「友達として」などと言いながら頻繁に話しかけたり2人きりで遊んだりするのはやめましょう。 ケジメを付けずに元彼にまとわりついていると元彼はあなたを「いつでも手に入れられる女」として舐めてしまいます。

下手をするとそのままセフレにすらなってしまうでしょう。

疑似交際は時間を無駄にするだけです。復縁のチャンスも新しい恋のチャンスも逃してしまいます。

 

諦めた元彼と復縁しやすい条件とは?

復縁を諦めることで結果として元彼の心を取り戻し、復縁が成功する女性には2つの特徴があります。

1つは復縁を諦めることで執着や情緒不安定などから解放され、日々を楽しむタイプです。復縁しようと躍起になっていた時に隠れてしまっていた魅力や笑顔を取り戻し、やがては元彼の心も取り戻していきます。

もう1つは元彼と新しい関係が築ける人タイプです。「元恋人」に甘えず、他人同士としてゼロから信頼関係を作り、良い距離感を作っていくと元彼はもう一度恋愛対象として見るようになります。

復縁を諦めることで自分自身を大切にでき、元彼への一方的な気持ちの押しつけをやめ、今とこれからをより良いものにしていこうと出来る女性になってください。

まとめ

元彼との復縁を諦めた途端に元彼の方から復縁を望んでくることが良くあります。それは終わった恋への執着や苦しみから解放されて魅力が増したり、元彼との関係が改善したりするからです。

復縁を諦めるのは簡単なことではありませんが、元彼との関わりを極力減らし、夢中になれるものを作っていきましょう。

元彼に復縁を諦めたと宣言するのは1つのケジメになりますが、本心からでない場合は意味がないので本当に決意が固まってから行ってください。

不毛な復縁への望みに見切りがつけられたとき、新たな幸せが見えてきます。

復縁したいカテゴリの最新記事