嫁と関係修復する方法!夫婦関係をよくするとっておきの秘策

嫁と関係修復する方法!夫婦関係をよくするとっておきの秘策

最近なんだか嫁とうまくいっていない、よそに比べてうちは夫婦仲が良くないと感じるなら早めに手を打って関係を修復したいもの。

人生を共にするパートナーと仲が悪いと毎日が過ごしにくく、とにかく良いことはなにひとつありません。

また、長年一緒にいればこんなものと考えていると気が付けば傷が深くなって「離婚」なんてこともあり得るのです。

そうならないために、できることからトライして夫婦関係の修復に努めましょう。

嫁との関係を修復する方法、夫婦関係を良くするとっておきの秘策をご紹介します。

当サイトおすすめの復縁屋

復縁屋 M&M
  • 業界最大手の復縁屋 (実働回数型)
  • 業界でも低水準の料金設定
  • お試しプラン、返金制度ありで安心

匿名OK・オンライン依頼も可能!

夫婦関係が悪いと全てがうまくいかない?!

まず最初に夫婦関係が悪いことのデメリットから考えましょう。

夫婦関係が多少悪くなっても、改善の仕方がわからず、結局「どこもこんな程度では」「ほかで楽しみを見つければ良いし」など、甘く考えて逃げている男性も少なくありません。

しかし、ある程度まではそれでなんとかできたとしても、気づかぬうちに事態は悪化し、妻から突然に三下り半を突きつけられるケースもあるのです。

また、夫婦関係の良し悪しは仕事やその他の人間関係にも大きく影響します。

夫婦関係が良好な男性は仕事も順調で、充実していることが見た目にも現れます。物事に対して大らかになれたり、失敗を恐れない強さを持つことができます。

一方で夫婦関係に問題があると、その精神状態は仕事にも現れアンバランスになります。ひとによっては体調などにそれが現れることもあるので甘く見てはいけないのです。

仕事や人間関係がうまくいかないときには、問題そのものはもちろんですが、嫁との関係を整えることで全てが好転するすることがあります。

人生を豊かにするために、よい社会生活を送るために夫婦関係は良好に保つことが望まれます。

わかってはいるけれどどうすればよいかわからないという方も、適切に対応することで嫁との関係を修復できる可能性は十分にありますので諦めずに行動しましょう。

夫婦関係をよくするための方法

では、具体的に嫁との関係修復するための方法をご紹介します。

男性と女性は考え方やものの見方が異なっていて、その違いが二人の関係のプラスにもマイナスにもなります。

女性の考え方や感じ方を優先した態度をとることが、夫婦関係修復の糸口です。

ありがとうとごめんなさいをきちんと言う

基本中の基本ですが、妻に対して「ありがとう」や「ごめんなさい」が言えているでしょうか。

交際中には気づかって言えていたことが、夫婦になったなれ合いからついカットしていることがあります。

毎日の食事の準備や掃除洗濯、子どもの世話などは嫁が主導を握っていても労わりの言葉はかけるべき。「ありがとう」の一言で救われることがあるのです。

「ありがとう」「ごめんなさい」は連鎖します。あなたが積極的に言葉をかけることで嫁からもそれを引き出すことができます。

日常の中でお互いを労わる言葉かけができれば、それは行動につながりやがてお互いに思いやれる関係を育てることができます。

相手の良い点をみる

男性は一般的に「減点方式」で異性を評価する傾向にあると言われます。出会ったとき、好きになったときがマックスで、そこから徐々に点数がひかれて今に至るということ。

一定の期間を過ぎると、恋愛脳から仕事脳に切り替わるこの本能。恋愛だけにかまけることなく、仕事に邁進するためには有用ですが、現社会で夫婦関係を良好に保つためにはマイナスの機能です。

嫁については、意識的にできるだけ良い点をみるように心がけてください。今思い浮かぶ彼女の「よいところ」だけでなく、何かにつけて「良い」ところを探すクセをつけるのです。

人間は関係が長くなると、相手の存在が当たり前になり、「良い」ところも当たり前と感じてしまいます。逆に悪いところは目につきやすくどんどん減点が進みますが、それをしたところで何の利もありません。

好きでいる努力をすることで、夫婦関係はぐっと良くなります。

 

言葉で伝える努力をする

言葉に気持ちが現れる女性に対して、男性の気持ちは行動に現れるといいます。

実際に女性は気持ちがなくなると、あまり言葉を発しなくなるもの。男性といえば、「言わなくてもわかるだろう」という態度ですましてしまうことが多いようです。

女性は言葉での愛情表現に喜びを感じます。また、大切なことをきちんと伝えてもらうことで信頼されていると実感することができます。

例えば、妻との時間を作るために仕事のやりくりをして急いで帰ってきたなら、「今日ははやく帰りたいからがんばって仕事を片づけたよ」と言えば、あなたの気持ちがしっかり伝わり妻の機嫌は上がります。

「わざわざ言う必要がない」と男性目線では感じることかもしれませんが、言葉にすることで、二人の気持ちは近くなります。

まだ間に合う!修復可能なケースとは

繰り返しますが男性と女性は根本的に考え方がちがいます。そのため、夫側は「まだそれほど関係は悪くない」と考えていても、嫁サイドは限界に近いところにいることがあります。

考えのすれ違いを避けるために、現在の夫婦関係の状況を冷静にみて深刻度をはかりましょう。

まずは、修復可能なケースについてみていきます。

スキンシップやコミュニケーションがある

スキンシップやコミュニケーションは近しい関係においてはマスト。ときどきではあっても、触れ合うことや笑顔の混ざる会話ができているなら夫婦関係はこれから良くすることができます。

もし、現状で楽しく続く会話ができていないと感じるのであれば試しにあなたの方から話しかけてみましょう。自然に乗ってきて会話が続くようであれば、その頻度を増やしていけば関係は好転していきます。

スキンシップについて、セックスレスの状態からいきなりというのは難しいですが、ソファなどで隣に座るなどが自然にできるようであれば、仲良くなれる可能性があります。

家事などはきちんとしてくれる

食事の支度や洗濯、掃除などあなたの分の家事をしていてくれるなら、修復は可能です。

中には義務的に家事をしていると公言する女性がいますが、義務的にでもしていてくれるなら、あなたがそれに感謝したり手伝うことで、状況は改善します。

嫁としても、できればよい夫婦関係を取り戻したいと考えています。そして、彼女なりの努力をしています。男性からみれば「当たり前」のことも嫁によっては、家庭をうまくまわすために努力していることです。即ち修復の余地あり。

彼女の努力を認め夫サイドが彼女を労わることがポイントです。

夫婦関係が悪い!嫁の心理とは?

夫婦関係が悪い。そんなときの嫁の心の中にあるのはズバリ「旦那は何もわかっていない」です。

家事の大変さを旦那はわかっていない。旦那に気を使っていることを本人(旦那)はわかっていない。家庭を回す大変さを旦那はわかっていない。

男性にしてみれば、男の大変さを嫁は理解できていないと思うでしょう。ようするにどっちもどっちです。お互いが自己主張を曲げずにもんもんと苛立った状態ということ。

「わかっていない」と思う嫁の心理のその奥は「わかって欲しい」です。自分の大変さを理解して欲しいし、それをねぎらい労わって欲しいのです。

嫁は嫁なり、女性の思考回路で努力をしてきましたが、それは男性にはわかりにくいもの。そのことを夫としては理解し受け止める努力が必要なのです。

修復が難しいケースとは?

夫婦関係は人間関係の基本。ここがうまくいかないと、仕事や健康など人生そのものに悪影響があります。

できるだけ早急に夫婦関係を修復したいものですが、現状によってはリカバリーが簡単ではないことがあります。次のケースに当てはまるようであれば、自力での修復だけでなく復縁屋などプロの利用も検討するべきでしょう。

修復が難しいケースについてみていきます。

努力したが嫁に変化がみられない

あなた自身、夫婦関係に問題を感じて様々な努力をしたけれど未だに嫁の態度に変化がないケースです。

こうなるにはふたつの理由が考えられます。

まずひとつは、嫁に問題がある場合。精神的な疾患を抱えていたり、不倫をしているなどです。この場合は嫁の問題をしっかり解決しなければ夫婦関係の修復はできません。

もうひとつは、あなたの努力の仕方が間違っているケース。あなたが男性目線で努力しているため、嫁に響いていないケースです。

いずれの場合も夫婦内だけ、あなただけの努力では改善は簡単ではありません。好転させるためには専門家の意見を聞くなどがおすすめです。

 

価値観が決定的にちがう

価値観がぴったり同じひとなどこの世にはいません。うまくやっていくためには相手の価値観を尊重し譲り合っていくことしか方法はありません。

しかし、中には根本的な性格、性質の部分で「譲れない」組み合わせがあります。例えば、プライドの高い男性と、自己主張の強い女性。

通常であればなぜこの二人が結婚したの?と思いますが、短い交際期間で結婚を決めたカップルや、お見合いや婚活などで条件を重視して結婚した二人などでは見られる組み合わせです。

どちらかが一歩ひけば解決することですが、それができない二人が一緒になっているのですからうまくいきようがありません。

性格的な部分が決定的にかみ合わなくて夫婦関係がうまくいかないなどは、自力での解決はかなり難しいもの。修復するのであれば、カウンセリングやアドバイスを受けて前向きに努力する必要があるでしょう。

努力する価値あり!夫婦関係の良し悪しで人生が変わる

嫁との関係を修復する方法について、男女の考え方のちがいを交えて解説しました。

男と女は考え方も行動もちがいます。ちがいを理解しなければ、溝は深まり夫婦関係は悪化してしまうばかりです。

男女のちがいを喜びに変えて、夫婦を楽しむことができれば人生は好転します。

夫婦関係がよくなれば、あなたの毎日は輝きます。仕事もプライベートも充実するのですから、努力する価値はあるのです。

自力での解決が難しいなら視野を広げて、復縁屋の利用を検討しましょう。夫婦関係の改善を他人に委ねることは恥ずかしいことではなく、ときに必要なことです。

これからの人生のためにぜひ、がんばってみてください。

 

復縁カテゴリの最新記事