浮気と不倫の違いとは?浮気しやすい男女の特徴

浮気と不倫の違いとは?浮気しやすい男女の特徴

浮気と不倫は似て非なるもの。もちろん、どちらであれば許せるか、もしくはどちらも許せないかは人によって意見が分かれます。

浮気と不倫のボーダーラインはどこにあるのでしょうか。また、浮気をしやすい男女にはどんな特徴があるのでしょうか。

浮気と不倫について総合的に検証します。

 

法律上のボーダーラインは不貞行為があるかどうか

まず大前提として法律的に浮気と不倫とのボーダーラインはどのように定められているのかをみていきます。

不倫関係は、法律で定められた婚姻関係を脅かす出来事です。配偶者が不倫をした場合には相手に対して損害賠償を請求することが可能です。この場合の不倫、不貞行為とは、配偶者以外の異性と肉体関係を持つこととされています。夫婦はお互いに対して貞操義務があり、不倫関係はこれを破ることになります。

気持ちのあるなしは法律上では基本的に関係なく、お互いの自由意志に基づいた体の関係であればアウトです。はずみで起こったような、たった一度の行為であっても不貞と認定されることがあります。

法律の観点だけでいくと、「愛している」といったメッセージのやりとりをすることや、キス程度は不貞行為とはみなされないのが通常です。

 

浮気と不倫の違い!ここがボーダーライン

法律的には、肉体関係があれば不貞とみなされますが、感情的にはそれだけでは割り切れません。

不倫とは、人の道にそむいた行為をいいますので、感覚で計るなら肉体関係だけが浮気と不倫のボーダーではないのが実際です。

浮気と不倫の境目は、体の関係のあるなしに関係なく、人によって感じ方が異なりますが、一般的に「これはNG」というボーダーラインを知っておいて損はありません。

浮気と不倫の違いについて、ここがボーダーラインとされるいくつかの節目をご紹介します。

 

①気持ちが相手にあるのかどうか

浮気や不倫をされる立場として最も知りたいのは、自分のパートナーが相手に対してどれくらいの気持ちで接していたかということでしょう。

男と女の関係でなかったとしても、相手の異性に対して気持ちを向けていたのであればこれは「浮気」ではおさまりがつきません。

気持ちというのは本人以外には知り得ないものではありますが、その人なりのスタンスで相手のことを大切に扱っていると感じるのであればそれは、気持ちがあるということ。

定期的に連絡をとっていたり、大切な出来事を共有しているなどは、愛情の表れだと感じてしまいます。

遊び仲間や気の合う相手というのであれば浮気程度と考えますが、気持ちがあるとなれば不倫の方に入ることがあります。

 

②どれくらい続いている?関係の継続性

肉体関係やそれに準ずる親密な関係にあるとして、それがどれくらいの期間、どの程度の頻度で実行されていたのかは重要な判断基準です。

例えば、夜の飲食のあとに勢いで関係を持ってしまい、それ以降はないというのであれば浮気の範囲とする人もいます。

ラインのやりとりなどがたまにあるという程度なら許せても、頻繁に定期的にあるのであれば、それは不倫と考えることがあります。

キスやハグも、お酒を飲んだノリで一度あったというくらいでは、嫌な気がしても「不倫」とまでは思われにくいかもしれません。しかし、それも繰り返し起こっていればパートナーから不倫とみなされることがあるでしょう。

 

③夫婦関係への影響と精神的苦痛

法律的にどうであるかは別として、パートナーが婚外交渉をもっていても自分自身が平気であるなら特に問題は生じません。お互いに自由を尊重してそれでうまくいっている夫婦も世の中にはいます。

反対に、肉体関係の有無にかかわらず配偶者と異性との関係について悩み、精神的な苦痛を受けているのであれば、不倫といわれても致し方ありません。実際に、肉体関係はない二人であったとしても休日ごとに共に時間を過ごして、夫婦の時間をうばっていれば、配偶者は耐えがたくつらいと感じる可能性があります。

配偶者が異性と何かしらの関係を持つことが夫婦関係に影響するのであれば、浮気の範囲を超えているととらえられるかもしれません。

 

④当事者がどうとらえているのか

男女の関係は当事者同士にしかわかりません。また、男女の関係に定型はありませんので、本人同士が二人の関係についてどう考えているのかが、そのまま二人の関係性となります。

傍目には濃密な間柄に見えていても、お互いに「友達」だと思っているのであれば友達です。プラトニックな関係で、めったに顔を合わさなかったとしてもお互いが「恋人」と認識しているのであれば恋人なのです。

パートナー以外の異性と仲良くしていても、本人があくまで浮気だと思っていれば浮気でしょう。反対に、極端なことをいえば、片思いであっても配偶者と離婚してでも一緒になりたいなどと本気で思っているのであれば、不倫ととられても仕方ないでしょう。

 

浮気しやすい男女の特徴

浮気は「浮気性」という言葉があるように、性分によるところがあります。基本の性格の中に浮気につながる要素を持っている人は浮気しやすい傾向です。

浮気をしやすい男女のタイプや性格的な特徴についてみていきます。

 

①異性同性を問わず友人が多い

大人になると、友達が多い人と少ない人に分かれます。社会でのつながりから、知り合い程度の人はたくさんいても、個人的なつきあいのある人は少ないというタイプもたくさんいます。

異性同性を問わず友達が多い人は浮気をするまたは、浮気とみられても仕方がない行動をとる傾向があります。友達が多いということは、実際にその人たちと飲み会をしたり、何かしらイベントがあったりとつながりがあります。その中で仲良くなる人がいるでしょうし、個人的に連絡を取り合うということもあるでしょう。

人付き合いのよい本人にしてみれば、気が合ってときどき会うこともある異性の友人と位置づけているかもしれませんが、それが世間的には浮気とみなされることがあります。

 

②遊び好き

遊び好きな人には浮気をする人が多いでしょう。遊びといってもいろいろありますが、複数の人と集まって何かをするのが好きというタイプは、出会いが多く、おつきあいの幅も広いので気が付けば特定の異性と仲良くしていてそれが、浮気となっていることがあります。

遊び好きの人にとって遊びは、重要です。その重要な遊びを共有できる相手のことは大切にします。そして、家族や配偶者には見せないようなことも、遊び仲間にはさらけ出していたり。その行動は配偶者目線でいけば、行き過ぎると浮気です。

みんなで集まって遊ぶのが好き、という男女は浮気の心配があります。

 

③性格がマメ

不精な性格は浮気に関しては幸い、向いていません。性格がマメな人は誰にでもマメです。例えば、LINEなどで必要な話しが終わっていても丁寧に締めの挨拶をするようなタイプはマメの部類でしょう。

性格がマメな人は、本人も気付かないうちに浮気を促していることがあります。その人のことを気に入っている人からしてみれば、連絡するたびに丁寧な返信があるのであれば、連絡の頻度は自然と高くなります。そして繰り返していると自然と距離は縮まります。

マメな性格の人は、しなくてもよい返事をこまごまとしているうちに、浮気を育ててしまっていることがあります。

 

④惚れっぽく異性好き

惚れっぽいというのも性格です。浮気は嫌いな人とはできません。まず相手を気に入ることでスタートしますが、そもそも惚れっぽい人は好きの閾値が低いため簡単にスイッチが入ります。

男好き、女好きと言われることもあり、「素敵」と感じるイコール「好き」だったりします。また、熱烈に好きになりやすいのもこのタイプです。不倫とまではいかなくても、ちょっと一緒にお茶とかしてみたいなあと自然に考えたりしています。

惚れっぽい性格で異性が好きな人は、シングルの間は恋愛話が後を断たず、モテると判断されることもありますが、既婚者となれば話しは別。浮気しやすいタイプと認定されています。

 

許してはいけない浮気とは

配偶者以外の異性と仲良くすることをすべて浮気としてしまっては、夫婦関係やパートナー関係が息苦しくなるでしょう。パートナーの性格によっては、ある程度は許容するのが円満の秘訣です。

しかし、中には絶対に許してはいけない浮気もあります。

そのひとつは気持ちの通った関係です。一方的であっても相手に対して深い思いを抱いている関係は早めに断ち切るのがベター。

ほかにも、相手が不倫を望んでいるような場合なども、いつか不倫関係に発展しないとも限りませんので、許してはいけない浮気です。

危ないかもと思ったら、しっかり警告サインを出すべき。パートナーの性格などで注意をしにくい場合は、別れさせ屋を使ってキレイにしておくのもよいでしょう。

 

浮気したことある?みんなの体験談

さて、世間の人たちは浮気をしているのでしょうか。まったく経験がないという人もいれば、浮気の意識なく浮気をしている人や、罪の意識を持ちつつ浮気をしている人もいます。

浮気の体験談を集めてみました。

①これって浮気でしょうか?

結婚前は男性の友人が多い方でした。女性よりも男性の方が気楽につきあえる感じで、相談とかも男友達にすることが多かったです。

結婚しても、Eくんとは結婚前と同様に年に数回は二人で会ってランチをしたり、週に数回はLINEでやり取りをしています。Eくんは、知り合った時点で家庭がありましたので、私としてはセクシャルな気持ちはありません。正直なことをいえば、相談事を聞いてもらうという点においては夫よりも信頼出来て、私の気持ちも理解してもらえます。だからって、夫より大事とかそんな感じはありません。

ただ、やっぱりこういう関係を夫が知ると不愉快だろうなと思うので内緒にしています。多分Eくんも同じではないでしょうか。

浮気ではないつもりですが、なんとなく後ろめたさはあります。(30代 女性)

 

②不倫と浮気のはざま

大学の後輩とときどき会っています。彼女とは10以上学年が違いますが、縦割りの同窓会で数年前に知り合いました。キレイで、しっかりしていて、ユーモアもある素敵な女性です。ダメもとで、二人での食事に誘ったら軽くOKしてくれて、それ以来、たまにですが食事をします。

僕としては、関係を進めたいなという気持ちがないわけではありません。ただ、彼女の方は今のところまったくそんな気はないようで、無難にかわされました。

いつかタイミングがあえばそういうことになるかもしれないし、彼女が応じてくれる限りはお食事友達な感じかなと思っています。(40代 男性)

 

③夫の浮気が許せない

昔からマメな夫。LINEを使って複数の女性と会話をしているのを知りました。自宅にいてもしょっちゅうスマホを見ています。

「女性とのLINEはやめておいたほうがいいんじゃないの」と遠回しに言いましたが、やめる様子はありません。見ても構わないというので、メッセージをみたところ、「おやすみ」とハートマークがついてました。こんなメッセージ、気のない相手に送ります?

LINEだけの関係で相手も会話を楽しんでいるだけと夫は言いますが、これは浮気です。やめて欲しいです。(30代 女性)

 

浮気や不倫を防ぐ方法

どんなに真面目な人でも、またパートナーのことを愛していたとしても、浮気や不倫はないとは言えません。しかし、普段からしっかり対策をしておくことで、浮気や不倫の芽を積んでおくことは可能です。

対策のひとつは自分が浮気、不倫と感じるボーダーラインをパートナーに伝えておくことです。ここがすれ違っていると、している本人は浮気のつもりがなく、こちらだけがやきもきして二人の関係が悪くなっていくことがあります。

もし、パートナーがSNSなどをやっているのであれば、パートナーに知らせた上でつながっておきましょう。SNSを見られているという前提は浮気や不倫の抑止力になります。ただし、パートナーを監視するような行為や言動は良好な関係の妨げとなりますので控えましょう。

すでに、浮気や不倫があるかもと感じているのであれば、あれこれ悩むよりも相手の行動のわかるアプリや、別れさせ屋などプロを使って早いうちに対処することをおすすめします。

 

浮気と不倫!ボーダーラインに個人差あり

浮気と不倫の違いや、浮気をしやすい人の特徴についてご紹介しました。

法律の上では、不倫とされる定義はあります。しかし、男女関係は四角四面にはいかず、夫婦のどちらかが相手の行動を浮気や不倫と感じるならば、夫婦関係が悪くなる火種になります。

浮気と不倫のボーダーラインは個人差があります。自分自身が許せると思える範囲について一度考えておくのもよいでしょう。

また、あなたが「浮気である」「不倫である」と感じたとしても、当人は別の感覚で行動しているかもしれないという事実を頭においておくと、冷静な対処ができるかもしれません。

不倫成就カテゴリの最新記事