離婚させる心理学テクニック!彼を夢中にさせる【悪用厳禁】

離婚させる心理学テクニック!彼を夢中にさせる【悪用厳禁】

あなたをもっと好きにさせる離婚させる為の心理学

彼の好きなことと同調

あなたも彼も心にどんなことが嫌いで好きなのかといったものを持っています。例えば猫が好きだとか、どんな音楽が好きなのか。お金の価値観や将来設計も大切ですね。

誰しも自分に合わないとその人と一緒に過ごせる未来を描くことが難しくなってしまうので、彼をよりあなたのものにしたいのであれば試してみる価値があります。

偶然を装い彼と会う

もちろん時と場合を選び実行してほしいのですが、仕事の合間やお昼ご飯でもなんでもいいので彼と自然と接触する機会を自然な形で増やしていきましょう。

何度も接触する機会があれば少しずつ潜在的に距離が近づいてきます。彼があなたを意識することをどんどん増やしていきましょう。

少し粘り強くアプローチ

これはちょっと相手によるのですが、彼が依存性が高かったり、今の奥さんとうまくいっていない、状況を打破したいと心のどこかで思っているのであれば有効です。

いざ自分の心の中ではこの状況をなんとかしたいが、いまいちいい方法や勇気もない…。そんな時に有効な手段です。

動きを彼に合わせる

これは付き合う前から有効なテクニックなのですが、彼が腕を組んだらあなたも組む、彼が飲み物に口をつけたらあなたもつける、ミラーリングと呼ばれる手法なのです。

ミラーリングを行うことで彼のことが好きなのですと潜在的に伝えることが出来ますし、逆に彼があなたのミラーリングをするようになれば潜在的にあなたのことをしっかり好きになってくれているということが分かります。

お互いをもっと知るための自己開示

人は自己開示をした人間に好意を持ちます。しかも自己開示をしてもらったら自分も自己開示をしなければならないと無意識的に思います。例えば、友達と秘密のこと、好きな人のことを打ち明けて距離が近づいたことがありませんか?

それと同じであなたのことを彼にもっと知ってもらうとあなたへの好意をより持ってもらうだけでなくて、彼の本音を知ることが出来るかもしれません。また、本音を知れることで今後の離婚させる為のプランニングが出来るので、彼を探れる離婚させる心理学の鉄板ともいえるでしょう。

モチベーションが高まる時期に一緒にいる

恋人ならではのイベント、クリスマスやバレンタイデーなどありますよね。その時は彼だけじゃなく男性全員はモチベーションが少し上がる時期なのです。その時期に奥さんと一緒に居させるのではなくて、時間を作ってもらうようにする。

もちろんそういう時に一緒にいてもらったらプレゼントだったり楽しい時間を提供してあげる。そうすることであなたと一緒に居る方が将来的にいいと潜在的に思わせることが出来ます。

第3者に評価してもらう

これは協力者がいないと難しいのですが、彼の前に友人なりに目の前で評価をしてもらいましょう。気が利くでもいいですし、最近綺麗になったでもいいです。とにかく彼の中の評価を上げるように段取りをしてもらうことが大切です。

この第3者からの評価を受けることをウィンザー効果と言い、あなた自身の信頼性を上げることに役立ちます。まあ、そんないい女を手放すのはもったいない!と彼に思わせることが出来るかもしれません。これから彼に近づきたいというあなたにもおすすめのあなたを好きになってもらう離婚させるための心理学です。

ホラー映画を一緒に見る

吊り橋効果は知っていますか?恐怖のドキドキが好意からくるものと勘違いをしてしまう心理学です。デートに行くときにホラー映画を一緒に見ればドキドキはしますし、一緒の映画を見たと同じものを語れる共有できるものになります。逆に恋愛モノ映画を見てしまうと満足してしまうので二人の関係性を発展をさせるのが難しいともいわれています。

あなたがいないとダメ心理作戦

あなたのおかげで今の私がいる、あなたがいっていることにはとても惹かれる、説得力があるといった彼自身の存在意義を高めてあげることが重要。彼がいないとあなたがダメになってしまうと錯覚させることが出来ます。

奥さんと仲を遠ざける離婚させる心理学

心理学を応用して離婚を迫る

フット・イン・ザ・ドアという言葉を知っていますか?一つ依頼を受けてしまうとそのあともなかなか断りづらくなってしまうものです。離婚を迫る際にもいきなり迫るのではなく、今日は一緒にいようから来週も一緒にいよう、とハードルを少しずつ上げたりしていきます。

こういった小さな依頼を繰り返して、うまくあなたと一緒にいる時間を作れれば、あなたとの距離も縮まり、依頼も断りづらくなってきます。最終的にはずっと一緒にいたいから結婚をしてほしいと遠回しに離婚を迫るという段階的に攻めることも重要です。

離婚の強要はしない

人は命令をされると自分から動きたくなくなってしまうもの。男性は特にプライドが強いので離婚を不倫相手から迫られたとしても関係性が出来ていない限り、なかなか言うことをききたくはありません。

あなたといると楽しい未来が待っていることを連想させる

あなたといることで楽しいだけでなく、自分の趣味を否定しない、今の奥さんとは違って料理を作ってあげる、旅行を1か月に1回一緒に行ける、奥さんみたいに夜がマンネリになることはない等、今の不満な状況を全て解決できるのがあなたの存在であることを印象付けましょう。

自己開示もしながら、彼の好きなことややってほしいことを全て聞き出して、それを実現する。さらには彼がしてほしいことの想像の一歩先を見据えた行動が出来ると奥さんからあなたへ彼の心をなびかせることが出来るかもしれません。

安心感とのバランス

彼に合わせることで、あなたの存在が彼にとっては重要だと思わせることも大事ですが、それだけだと安心しきってしまい、離婚へ踏み切れきれない可能性があります。

なので、例えば周りが結婚しだしてうらやましいと言ってみたり、時には友達と一緒に遊ぶからとデートの回数を減らしたり、エッチの回数を減らしてみる等、あなたといることが出来なくなってしまう、出来なくなった時に喪失感を連想させることで、離婚を具体的に考えさせるステップとして踏めさせる可能性があります。

離婚させる心理学~まとめ~

離婚させる心理学は日常から無意識に使っているものもありますが、それを彼の心に働きかけさせ、あなたの魅力を引き出し、奥さんからあなたに関心を寄せていくというものになります。他にも離婚させるおまじないもかけてみていいかもしれません。

とにかく離婚させるにあたっての前段階、離婚させる方法離婚させたい奥の手を使う際には成功率を高める重要な離婚させる心理学ではあるのでコッソリ試してみてくださいね。

離婚させるカテゴリの最新記事