別れて1週間で復縁できる可能性をケース別に解説!別れた彼の心理とは?

別れて1週間で復縁できる可能性をケース別に解説!別れた彼の心理とは?

彼氏と別れて、1週間も経てば徐々に相手のことを忘れていくものと思っていたけれど、「寂しいからやっぱり彼と復縁したい」や「別れてから1週間で彼の大切さに気付いた」という方も多いでしょう。

ですが、寂しくてもどうやって復縁すればいいのかもわかりません。仮に振られた場合ですと、彼ともう連絡が取れなくなっているか、連絡を送ってもスルーされるかのどちらかだと思います。

この記事では1週間で復縁できる可能性や、短期間の復縁の方法などを解説していきます。彼と本気で復縁したい方は、ぜひとも参考にしてください。

当サイトおすすめの復縁屋

復縁屋 M&M
  • 業界最大手の復縁屋 (実働回数型)
  • 業界でも低水準の料金設定
  • お試しプラン、返金制度ありで安心

匿名OK・オンライン依頼も可能!

別れて1週間で復縁できる可能性

別れて1週間の復縁は可能なのか?というところがあなたが一番気になるところですよね?結論から言うと「1週間で復縁することは可能」です。ですが、どのような別れ方をしたかによっても復縁成功率が異なります。

例えば、あなたの浮気が原因だとしたら復縁の可能性はほぼ0となってしまいます。当たり前ですよね?

逆に「元カレに未練がある状態」や「一時の感情による喧嘩別れ」等はヨリを戻しやすい傾向にあります。このように別れた原因や状況によって、1週間以内での復縁の可能性は変わってきます。それでは具体的にどのような状態、状況が1週間以内での復縁の可能性が高いのかを解説していきましょう。

相手に未練が残っている場合

1週間というのは相手にとってもまだ気持ちの整理が付いていない状態です。お互いにまだ相手を想う気持ちがある状態は復縁にはとても有利な状況となっています。

別れた原因が、あなたから振ってしまいあなた自身も振ったことに後悔があるはずです。まだ復縁の可能性は十分にあります。すぐに行動を起こしても問題無いのがこのパターンです。

その場合、感情的なものは一旦置いといて、冷静に謝罪からLINEなどで連絡を取ってみましょう。また未練がある彼ですから喜んで返事を返してくれることでしょう。

無事に連絡が取りあえれば復縁まではすぐです。同じ誤りを繰り返さないよう注意してください。

一時の感情による喧嘩別れの場合

続いてのケースは喧嘩別れによるものですが、これは先述した内容に近いものです。お互い、感情的になってしまい、そのまま別れてしまうケースは復縁できる可能性があります。

喧嘩の時はお互い冷静でいられず、先の判断もできないままの状態なので、1週間というのは頭を冷やす意味でもベストなタイミングといえます。

こちらもまずは謝罪のLINEなどを送ってみましょう。相手も返事がしやすいので、復縁まではすぐです。

共依存状態にある

特殊なケースとして、お互いに相手がいないとダメな状態に陥っていると別れると言って距離をとってもすぐに復縁する流れになります。

別れてもすぐにヨリを戻すカップルはいるのはこの共依存が原因です。

仲直りして復縁することは可能なので、簡単といえば簡単です。どうしても別れたくない場合はこの共依存の関係になっていれば比較的楽だと言えます。

交際期間が長かった場合

付き合っている期間が長いと、今まで当然のようにいた存在が欠けた喪失感は慣れるまでにとても時間がかかります。

仮に新しい彼女が相手にできたとしても「なんか違うな…」と思いあちらから連絡してくる可能性もあります。そうなれば復縁のチャンスです。

交際期間が長いカップルであるほど情で付き合っているケースもありますので、ヨリを戻すのは非常に簡単です。

ですが、注意してほしいのが今まで通りだとすぐに別れることになりますので、彼に言われた直して欲しい部分や、別れた原因を再度見つめなおしてそれを直すようにしてください。

1週間では復縁が難しいケース

逆に1週間という短期間での復縁が難しいケースもあります。当てはまっている状態で復縁のアプローチを掛けてしまうと逆効果ということになってしまうので、そうならないために、解説をしていきます。具体的には次のような例が挙げられます。

・すでに相手に他に好きな人ができている/付き合っている
・あなたが振られてしまった
・価値観の違いや性格の不一致
・あなたに対して恋愛感情を無くしている

上記のような内容が原因で破局してしまった場合、相手はもうあなたに対して興味を無くしてしまっている可能性が高いです。

こういった状態で復縁のアプローチをしても、かえって逆効果になってしまうので注意しましょう。

半年後に復縁のチャンスが来ることもある

半年も経つと嫌いだった記憶も薄れて、楽しかったころの記憶の方が強くなります。時間が解決するという言葉があるように、1週間という短い期間ではなく、半年以上待つのも復縁に大事なことだったりします。

ですがその間、あなたは何もしないわけではありません。彼に対する直接的なアプローチはしなくても、綺麗になるための努力やダイエット、精神的な成長など自分磨きも欠かさないようにしましょう。

次に彼に会った時に、自分がどれだけ変わって魅力的になったかを見てもらうために必ず必要な行動になります。

次の項目では具体的な復縁するための行動について解説をしていきます。

参考:元カレとの復縁の可能性を30秒で簡単診断!復縁可能性が高くなる条件とは?

1週間で復縁するための方法

ここまでの内容を踏まえて1週間で復縁するための方法について解説を進めていきます。

先に紹介したケース別でもお話したように大事な点は以下のようになっています。

・謝罪の連絡を送る
・自分の欠点を見直す
・可能であれば直接話す

上記の3点が主に大事なポイントになります。

まず最初に謝ることで相手の警戒心を解いて話を聞こうという気持ちにさせます。そして自分が反省していることをアピールして、冷静になったことを伝えます。話し合いができる状態と判断してくれることができたら直接会って話すことができるようになります。

喧嘩した時の仲直りにも使えるテクニックですので、ぜひ参考にしてみてください。それでは解説に行ってみましょう。

まずは謝罪の連絡をしてみる

復縁するためだけのその場しのぎの謝罪ではなく、喧嘩の原因やあなたが悪かった点についてしっかりと受け止めていることを相手に伝えます。

そうすることであなたがきちんと反省しており、復縁したいという素直な気持ちが彼に伝わって彼も話を聞いてくれやすくなります。

“とりあえず復縁したいから”と中途半端な気持ちで謝罪をしても、反省の気持ちが伝わらないと、かえって関係を悪化させてしまうリスクにもなるので注意しましょう。

彼と復縁する方向に話が進んだ場合は、今後同じような喧嘩をしてしまわないように2人でしっかりと話し合ってから復縁するのがベスト。

喧嘩をしてしまった原因やお互いの怒りの沸点を理解して、復縁してから同じ内容で喧嘩をしないように心がけることが大切です。

自分がいけないところを具体的にする

次に反省している点を具体的に挙げて、彼に対して誠心誠意考えたことを伝えてくさい。

例えばカップルの中には2人だけのルールを取り決めている人も多いですが、彼が嫌がっていること何度も繰り返してしまったり、治してほしいと言われている部分が直らなかったりなどが原因で別れるカップルもいます。

こういった別れとなった原因が直らないまま復縁してしまうと同じことの繰り返しになってしまい、せっかく復縁できたとしても意味がありません。

彼と離れている1週間の冷却期間を前向きに過ごすために、あなたが改善すべきポイントについてしっかり向き合いましょう。

あなたが原因で別れている場合は、彼に復縁したいと連絡をする際に復縁したら気を付けるべきポイントや改善する点をあわせて伝えると効果的です。

お互い冷静に話し合えるなら直接会うか電話する

あなたから別れを切り出したり、喧嘩によって破局してしまったカップルの場合、もう一度LINEなどで連絡を取って話し合いの時間を設けることも大切です。

文章や電話だと意地を張ってうまく話し合いがまとまらないこともありますが、直接目を見て話すと落ち着いた状態で対話することができるので復縁の可能性が高まります。

別れてからある程度の期間が経過してしまうと、彼も次の恋に進もうと新しい彼女を探してしまっていることや、あなたへの思いが弱くなっていることもあります。

そのため彼と別れてすぐに復縁したいと思った場合、1週間以内に話し合いの時間を作ることが重要なポイントとなります。

別れて1週間の彼の心理

彼に対して先述の復縁の方法を試すには、彼がどういった心理でいるのかも考えてみる必要があります。

大きく分けて2パターンに分けて考えることができ「別れたばっかで辛い」か「別れて清々してる」のどちらかです。

後者であれば復縁は難しくなってしまうので、諦めるか時間を置くなどの対応が必要になってきます。

付き合っていた頃のギャップから孤独を感じる

恋人と別れると、これまで長い時間を共有してきたパートナーがいなくなるので、付き合っていたころとのギャップや孤独を感じ、誰しも「寂しい」という感情が湧きます。

なかには自分自身で別れを選んだのにも関わらず、パートナーが居なくなってしまったことによる寂しさを感じるという方も多く、1人になった孤独感や物足りなさを感じるのです。

付き合っていたときとのギャップは次のようなものが挙げられます。

・スマホ(の通知)が鳴る回数が減った
・1人でいる時間が増えた
・愛情表現ができる相手が居なくなった

別れたてのタイミングでは、上記のようなふとした瞬間に孤独を感じると寂しいという感情が生まれます。

こういった心理に陥っている場合はすぐに復縁しやすい状況にあるため、復縁のチャンスと言えるでしょう。

別れてから1週間で彼から連絡がくる、またはSNSや友人伝えでアプローチがある場合には復縁を望んでいるサインです。

寂しさから新しい出会いを求める

恋愛体質または行動的な彼である場合は、寂しさが原因で別れてから1週間ですでに新しい出会いを求めている人もいます。

特に最近はマッチングアプリなどで近くに住んでいる女性と簡単に出会うことができるので、寂しさを紛らわすために次の出会いを探していることもあります。

魅力的で女性からアプローチの多い人気の男性と復縁をしたい方は、フリーの期間が長くなってしまうと、彼に他の女性が現れて復縁できる可能性が低くなってしまいます。

そういったタイプの彼は好きな人や新しい彼女ができてしまう前に、あなたから彼にアプローチをして、復縁できる可能性を高めましょう。

解放感を得ている

別れることで彼が開放的な気分になっていたら、より復縁は難しくなります。

これはあなたが過剰に束縛してしまっていたケースや、交際期間中に喧嘩をする回数が多かったカップルに当てはまります。

ただ、これは一時的な感情で、時間の経過とともに「また恋人が欲しい」と思うようになります。

復縁までに少し時間はかかりますが、気持ちが切替わったタイミングで彼にアプローチすることができれば復縁の可能性が高まります。

しかし、彼と復縁したいからといってSNSなど一目の付きやすいスペースに意味深な投稿をしたり、しつこく連絡を取ったりするなどの行動は悪印象を与えてしまうため、避けるようにしましょう。

早期復縁は1週間がチャンス!

別れた彼と復縁をする方法についてお話ししてきましたが、何はともあれ早期復縁をするなら1週間が一つの目安です。

「1週間で復縁するのは早い?」と疑問に思っている方もいらっしゃいますが、人間には別れた直後に寂しいと感じる感情があるため、1週間で復縁するのは決して早くはありません。

逆に彼と別れてからあまり時間が経過してしまうと相手の寂しい気持ちが慣れてしまったり、最悪のケースとして新しい彼女ができてしまうリスクも高まります。

「別れて間もないからもう少し様子を見たい」と思っている方も多いですが、タイミングを逃してしまうと彼と復縁できる確率は下がってしまうので、早期復縁は別れてから1週間がチャンスです。

恋愛において大切なことは「素直になる」こと。いつまでも意地をはっていては良い結果に繋がりません。

彼と喧嘩をして勢いでつい別れると言ってしまった方や、彼と別れたことを後悔している、または寂しさを感じて復縁したいと思っている場合はその気持ちを彼に素直に伝えるようにしましょう。

彼と復縁する方法についてお話ししましたが、この記事を読んだ方は彼に対して早めのアプローチをして復縁成功のための行動を起こしてくださいね!

復縁カテゴリの最新記事