元カレとの復縁の可能性を30秒で簡単診断!復縁可能性が高くなる条件とは?

元カレとの復縁の可能性を30秒で簡単診断!復縁可能性が高くなる条件とは?

元カレとの復縁の可能性を知りたい人は、以下の質問に回答してください。

60秒程度であなたの現在の復縁可能性がわかります。

元彼との復縁診断

質問1 元彼と別れたのはいつですか? 

質問の詳しい意図が知りたい人は以下を参考にしてください。

復縁可能性が高いパターン、低いパターンを様々な条件から詳しく説明しています。

元彼と復縁したいと考えている人は、この記事を参考に復縁の確率を把握し、成功確率を上げられるよう参考にしてみてください。

目次

1ヶ月以内

別れてからの期間が1ヶ月以内の場合は、復縁の可能性は低くなります。

まだ日も浅く、おそらく相手の気持ちが変わっていないからです。

特に元カレから別れを切り出した場合、元カレは「別れる」という強い意志を持って別れています。

別れを切り出すのは、誰にとっても勇気がいることです。

おそらく、元カレも散々悩んで結論を出したに違いありません。

悩みぬいて、ようやく結論を出したのに、あなたに寂しいと言われたからといって、そう簡単に復縁はしないですよね。

それどころか、下手に復縁を迫ることで、反対に関係をこじらせてしまう可能性もあります。

早く復縁したい気持ちは分かりますが、1ヶ月以内で復縁を迫るのはできるだけ避けるようにしましょう。

2~3ヶ月以上

別れてからの期間が2ヶ月以上経っている場合は、復縁の可能性が出てきます。

相手が冷静になり、気持ちの変化が表れてくるケースもあるからです。

一緒にいるときはわからなかったけれど、別れてからあなたの大切さに気付くケースもあります。

あなた自身も2~3ヶ月の間に自分磨きをして、振られた原因を改善することもできるのです。

久しぶりに会って、あなたが彼好みの女性になっていれば、彼の方から復縁を申し入れてくれる可能性もあります。

元カレと復縁したい場合は、2~3ヶ月冷却期間を置くことで、復縁の可能性を上げられるのです。

当サイトおすすめの復縁屋

復縁屋 M&M
  • 業界最大手の復縁屋 (実働回数型)
  • 業界でも低水準の料金設定
  • お試しプラン、返金制度ありで安心

匿名OK・オンライン依頼も可能!

別れ方と復縁の可能性

別れ方によっても、復縁の可能性は大きく異なってきます。

嫌悪感などのネガティブな印象を与える別れ方をしていると、復縁の可能性は低くなるからです。

「別れた」と言っても、人によって別れ方は様々です。

大きく分けて、下記のような別れ方が挙げられます。

・自分から別れを告げた場合

・相手から別れを告げられた場合

・自然消滅の場合

それぞれの別れ方に分けて、復縁の可能性を解説していきます。

自分から別れを告げた場合

自分から別れを告げた場合は、復縁できる可能性が高いといえます。

なぜなら、相手はまだあなたへの気持ちが残っているケースも多いからです。

「自分で振っておいて、今さら戻りたいなんて…」

と思われないか、不安に思われるかもしれません。

しかし、それ以上に相手はあなたと一緒にいたいと思っている可能性が高いのです。

素直に気持ちを伝えて、復縁があっさり実現するケースもあります。

自分から別れを告げた場合は、復縁の可能性が高い傾向です。

相手から別れを告げられた場合

反対に相手から別れを告げられた場合は、残念ながら復縁できる可能性はかなり低くなります。

相手はあなたと別れるという覚悟を持って別れを告げているので、強い意志を持っていると考えられるからです。

相手から別れを告げられたのであれば、何か理由があったに違いありません。

まずはその理由を改善しない限り、復縁は失敗する可能性が高くなります。

相手から別れを告げられた場合は、しっかり冷却期間を置き、計画的に復縁を目指す必要があるのです。

自然消滅の場合

自然消滅の場合は、復縁できる可能性があります。

お互い嫌いになって別れたわけではないケースが多いためです。

特にお互いが忙しくて、自然と連絡回数が減った場合は、復縁の可能性が高くなります。

忙しい時期が過ぎれば、別れたことを後悔する場合もあるからです。

「そういえば、今ごろどうしているんだろう?」

とふとしたタイミングで連絡がきて、復縁できることもあります。

別れの原因と復縁の可能性

別れの原因によっても、復縁の可能性は大きく変わってきます。

たとえばちょっとした口喧嘩がきっかけとなり、勢いで別れてしまった場合は復縁の可能性も高くなります。

その場の勢いで別れたのであって、本心は相手を好きであることに変わりはないからです。

しかし、原因によっては復縁が難しいケースもあります。

それぞれの原因別に、復縁の可能性をチェックしてみましょう。

喧嘩別れの場合

先述したように、喧嘩別れの場合は復縁の可能性は十分にあり得ます。

突発的な別れの可能性があり、相手にもあなたへの気持ちがまだ残っているケースが多いからです。

思い返してみると、もともとの喧嘩の原因はちょっとしたすれ違いだった…

という人もいますよね。

些細なヤキモチや勘違いから喧嘩別れしてしまうカップルは少なくありません。

素直に謝れば簡単に復縁できる可能性があります。

遠距離など物理的な要因による別れの場合

遠距離など物理的な要因による別れの場合も、復縁の可能性は十分にあります。

お互いが嫌いになったわけではなく、遠距離でなかなか会えない状況が原因になっているからです。

状況さえ改善されれば、復縁も夢ではありません。

そもそも、会えなくて寂しいと感じるのは、相手を好きな証拠です。

好きな気持ちが残っているのですから、復縁の可能性は十分ありますよね。

寂しい気持ちをぐっとこらえて、相手を思いやれるようになれば、きっと復縁も成就するのではないでしょうか。

繁忙期による別れの場合

繁忙期など、お互いの仕事や学業の忙しさが原因で別れた場合は、復縁の可能性が高くなります。

なぜなら、忙しさが理由の場合も、相手を嫌いになったわけではないからです。

男性にとっての「仕事」は、女性よりも大きな意味を持っている傾向にあります。

恋愛が仕事の邪魔になっていると判断すれば、仕方なく別れを選ぶ男性もいるのです。

元カレの仕事や学業がひと段落したタイミングで復縁を持ちかけることで、復縁が成就する可能性もあります。

浮気されたことが原因の別れの場合

元カレに浮気をされたことが原因の別れの場合も、復縁の可能性はあります。

単なる浮気であれば、あなたが許すかどうかがポイントになるからです。

もちろん浮気相手に「本気」になってしまうと、復縁は困難になります。

そのため、浮気されたことが原因の別れの場合、気持ちに整理がつき次第、復縁に向けて動き出すことで、復縁の可能性が高くなるのです。

浮気したことが原因の別れの場合

あなたが浮気したことが原因で別れた場合、復縁の可能性は極めて低くなります。

あなたの浮気により、元カレの気持ちが離れてしまっているケースが多いからです。

特にあなたがまだ浮気相手と連絡を取り合っている状況であれば、復縁にはたどり着けないパターンがほとんどです。

まずは自分の行いを反省し、けじめを付けましょう。

そのうえで元カレに後悔の気持ちを伝えれば、復縁できるケースがあります。

絶対に復縁できないわけではありませんが、かなり難易度が高くなるパターンです。

性格の不一致による別れの場合

性格の不一致が原因による別れの場合、復縁の可能性は大いにあります。

あなたが相手を受け入れる、もしくは別れの原因になった点を改善できるかどうかにかかっているからです。

そもそもまったく同じ性格の人はいません。

自分の性格が正しいと押し付けてしまうからこそ、喧嘩に発展してしまうのです。

性格の不一致が完全になくなることはありませんが

「これが相手の性格なんだから仕方ない」

と割り切れるようになれば、復縁の可能性は十分に考えられます。

マンネリが原因の別れの場合

マンネリが原因で別れた場合も、復縁の可能性があります。

相手のことが嫌いになったわけではなく、刺激がなくなったという現実が別れの原因になっているからです。

付き合いが続けば、マンネリ化してくるのはどのカップルにもある現象です。

マンネリが原因なのがはっきり分かっているのですから、マンネリの関係を打破する方法を見つければいいのです。

旅行してみたり、引越しをして環境を変えるなど、マンネリを脱する方法はいろいろあります。

マンネリ化するほど、お互いが好きで長く付き合っていたのですから、たとえ別れたとしても復縁の可能性は高くなります。

原因が分からない

別れの原因が分からない場合は、残念ながら復縁の可能性は低いのが現実です。

なぜなら、別れの原因の解決ができないからです。

原因が解決されなければ、元カレに復縁を申し出ても断られてしまうのは目に見えています。

嫌なところがあって別れたのに、そのままの状態で復縁を迫られても気持ちは変わらないですよね。

まずは自分の言動に非がなかったか、冷静に振り返ってみましょう。

思い当たる節があれば、すべての問題点を改善していってください。

時間はかかりますが、原因が解決されなければ、復縁の可能性はゼロに近いままです。

別れた時の言葉と復縁の可能性

別れ際に元カレからどんな言葉をかけられたのかによっても、復縁の可能性は変わってきます。

なぜなら、別れ際の言葉には、元カレの本音が込められているケースが多いからです。

別れ際の言葉を思い出してみてください。

それぞれの言葉ごとに、復縁の可能性を解説していきます。

束縛や重いと言われた

あなた自身の束縛や「重い」と言われて別れた場合、復縁の見込みはやや低くなります。

元カレはあなたとの恋人生活に疲れてしまった可能性があるからです。

交際に疲れた状態の元カレに、復縁を迫っても、断られてしまうのは容易に想像できますよね。

「重い」と一言で言っても、何を重いと感じるかは人それぞれです。

まずはあなたのどこが彼にとって重かったのかを冷静に考えてみてください。

束縛が激しかったのが原因なのか、干渉しすぎてしまったのか、またLINEやメールの催促をしつこくした可能性もあります。

あなたの束縛や「重い」と言われる原因を解決しなければ、残念ながら復縁の可能性は低いままです。

好きではなくなったと言われた

好きではなくなったと言われてしまった場合も、復縁の可能性はやや低くなります。

好きではなくなった原因にもよりますが、特に理由がない場合は改善が難しいからです。

しかし、反対に考えてみると、再び好きになってもらえれば、復縁は可能です。

なぜ好きではなくなったのか、冷静に分析して自分を改善していきましょう。

元カレに再び好きになってもらえるように努力してみてください。

一度はあなたのことを好きになったのですから、あなたの努力次第ではまた彼の好みの女性になって復縁できる可能性もあります。

一人になりたいと言われた

一人になりたいと言われた場合も、残念ながら復縁の可能性はやや低いといえます。

なぜなら、元カレはあなたとの交際に疲れてしまっているためです。

一人になりたいと元カレが言うのには、何かしらの原因があります。

相手のことをどれだけ好きでも、一人の時間が大切だと思っている人は少なくありません。

「恋人なら休みの日は一緒にいるのが当たり前」

とあなたは思っていても、元カレは自分の時間も欲しいと感じていた可能性があるのです。

交際に疲れてしまっている元カレに復縁を迫っても、残念ながら復縁できる可能性は低いといえます。

他に好きな人ができたと言われた

他に好きな人ができたと言われた場合、復縁の可能性は低くなります。

悲しいですが、元カレの気持ちは既に別の人に向いてしまっているからです。

しかし、あなたを傷つけたくないからこそ、浮気ではなく誠意のある別れ方をしたのです。

可能性は低いですが、復縁の可能性はゼロではありません。

やっぱりあなたの方がいいと元カレが気づけば、復縁に繋がるケースもあります。

諦めずに自分磨きをしてみましょう。

他にいい人がいるよと言われた

他にいい人がいるよと言われた場合も、復縁の見込みは低くなります。

一見、あなたのためを思っているように聞こえる言葉ですが、元カレの本音は別にある可能性が高いからです。

ほかに理由があるのに、あなたと別れるための口実として使っているケースがあるのです。

たとえば、交際に疲れてしまったり、価値観が合わないという理由で別れようとしている、または単純に飽きたとも考えられます。

まずは元カレの本音を探る必要があります。

本音が分からなければ、本当の原因を改善できないため、残念ながら復縁の可能性は低いままです。

自分から振ったので、何も言われていない

自分から振った場合は復縁の可能性は高くなります。

なぜなら、相手の気持ちはまだ残っているケースが多いからです。

元カレがまだあなたを好きでいてくれれば、復縁はそれほど難しくありません。

とはいえ、必ずしも復縁できるとは限りません。

元カレは既に振られたショックを乗り越え、新しい恋に前向きになっている可能性もあります。

場合によっては「彼女に捨てられた」という思いから、あなたに嫌悪感を抱いているケースすら考えられます。

「どうせ彼はまだ私が好きなのだから、復縁してあげれば喜ぶはず」

というご都合主義の考え方では、復縁の可能性は低くなってしまうのです。

別れ方と復縁の可能性

次に別れ方と復縁の関係性を見ていきましょう。

あっさり別れられたのか、それともひと悶着あったのかによって、復縁の可能性は変わってきます。

別れ際にひと悶着あった場合は、元カレのあなたへの嫌悪感が強い傾向にあるからです。

自分がどのような別れ方をしたのか、一番近いケースに当てはめて考えてみてください。

別れたくないとすがりついた

あなたが別れたくないとすがりついた場合は、復縁の可能性は低くなります。

すがりつくと相手はいつでも元に戻れると思ってしまいます。

そのため、今すぐに復縁する必要はないと考えてしまうからです。

そもそも「別れたくない」とすがる行為は、相手を想いやっているとは言えません。

「別れたい」という彼の気持ちを完全に無視し、自分の気持ちを押し付ける行為です。

好きだからこそ、別れたくないとすがりつきたくなる気持ちは分かりますが、すがればすがるほど

「自分のことしか考えていないんだな」

とすがられた方の気持ちは冷めてしまいますよね。

別れたくないとすがりついたのであれば、残念ながら復縁の可能性は低いといえます。

別れたくないとすがりつかれた

あなたから別れを切り出し、相手に別れたくないとすがりつかれた場合は、復縁の見込みが高くなります。

なぜなら、元カレの中で、あなたへの気持ちが残っている可能性が高いからです。

男性はプライドがあるため、女性よりもすがりついたりはしません。

それでもすがりついたのであれば、それほどあなたを愛していたことの証です。

元カレから別れたくないとすがりつかれた場合は、意地を張らずに復縁を申し出てみましょう。

別れを受け入れた

別れをあっさりと受け入れた場合、復縁の可能性は大いにあります。

円満に別れられてよかったと思う一方で、あっさり受け入れられると逆に未練が残るケースもあるからです。

元カレは相当な覚悟を決めて、あなたに別れ話を持ち掛けています。

泣かれたり揉める事態も想定して、別れを切り出してきたことも考えられますよね。

しかし、あなたが元カレの想定外の反応をすれば、元カレはギャップに戸惑います。

そして、自分の決断が正しかったのか、考えるようになるのです。

あっさりと別れを受け入れたために、復縁の可能性は高くなるのはそのためです。

別れた後の状況と復縁の可能性

別れた後、つまり現在の状況によっても、復縁の可能性は変わってきます。

あなたと元カレとの関係性が良好であれば、再び恋に発展する見込みもあるからです。

当てはまる項目をチェックして、復縁の可能性を診断してみてください。

連絡は取れるがほぼ自分から

連絡が取れるがほぼ自分からしている場合は、復縁の可能性はやや低いですがゼロではありません。

まったく可能性がない場合は、返信すらも来ないのが一般的です。

しかし、連絡を取り合えるのは、元カレがあなたを嫌っていない証拠といえます。

今すぐに復縁は難しくても、少しずつ復縁に向けて関係性を築いていけることがあるのです。

焦らずに、じっくり復縁を進めていくことで、復縁できる可能性は少しずつ高くなっていきます。

元カレからも連絡がくる

元カレからも連絡がくる場合、復縁の可能性はあるといえます。

なぜなら、あなたへの好意が少なからずあると考えられるためです。

嫌いな相手に、自分から連絡をする人はいません。

内容は他愛もないことばかりで、なんとなく連絡してきているだけに思えることもありますよね。

しかし、文面にはなくても、あなたに未練があるからこそ連絡を取りたいと思っている場合があるのです。

そのため、元カレからも連絡がくる場合は、復縁の可能性はあるといえます。

元カレと音信不通(既読スルー、未読スルー)

元カレと音信不通の場合、残念ながら復縁の可能性は低くなります。

元カレの中で、復縁の意思がまったくないと考えられるからです。

あなたへの未練があれば、たとえ忙しかったとしても、何かしらの返事が欲しいところですよね。

たまたま返事をし忘れてしまった可能性もありますが、何度も既読スルーが続くようであれば、残念ながら復縁の意思はあまり期待できません。

また、未読スルーの場合は、ブロックされている可能性があります。

どちらにせよ、元カレと音信不通の場合は復縁の可能性が低いといえます。

元カレと約束をして遊んだりすることがある

元カレと遊ぶ関係の場合は、復縁の可能性が高い傾向です。

なぜなら、あなたへの好意があると考えられるからです。

一緒にいたくない人と、わざわざ時間を作って遊んだりはしません。

つまり、元カレはまだあなたと一緒にいるのが楽しいと感じるので、遊ぶ関係を維持しているのです。

「楽しいからこのままずっと一緒にいたい」と思ってもらえれば、復縁の可能性もあります。

元カレと職場や学校で顔を合わせることがある

元カレと職場や学校で顔を合わせることがある場合は、復縁の可能性が出てきます。

なぜなら、元カレと会う機会があれば、新しい自分を意識させられるからです。

復縁をするためには、以前とは違う自分になる必要があります。

元カレが嫌だった部分を直し、新しい自分になるという努力が大切なのです。

しかし、いくら自分改革を行っても、会う機会がなければ変わった自分をアピールできません。

職場や学校で顔を合わせる機会がある人は、変わった自分をアピールすれば復縁の可能性が出てきます。

元カレと全く会う機会がない

反対に元カレと全く会う機会がない場合は、復縁の可能性は低いといえます。

以前とは違う、現在の自分をアピールする機会がないためです。

元カレに振られた理由をしっかり受け止め、それを改善した自分を元カレに示せれば、復縁の可能性はアップします。

しかし、元カレと全く会う機会がない人は、復縁を検討してもらう余地すらないのです。

別れた後に自分磨きをしている(主に外見)

別れた後に自分磨きをしている人は、復縁の可能性が高くなります。

新しい自分を意識させ、相手に別れを後悔させられるからです。

ダイエットをして体型を整えたり、彼好みのファッションを研究して自分磨きを心がけましょう。

振られた後はついつい自暴自棄になってしまいますが、それでは復縁の可能性が低くなってしまいます。

元カレに再開した時に「こんなに可愛かったっけ?」と思わせるような、魅力ある女性を目指しましょう!

しっかり別れた後に自分磨きをしておけば、復縁の可能性は飛躍的に上がります。

別れた後に内面の改善をしている

別れた後に内面の改善をしている場合は、復縁の可能性があります。

別れの原因を改善し、取り除いたからこそ、今度はうまくいくとアピールできるからです。

たとえば、遅刻や優柔不断なところが原因だった場合は、その部分を改善してみましょう。

振られた直後はネガティブな感情に支配されがちですが、できるだけポジティブな発言を心がけると、雰囲気が大きく変わります。

元カレと連絡を取り合った時や再会した時に「変わった彼女となら、またやり直せるかもしれない」と思ってもらえれば、復縁の可能性が高くなります。

別れた後に元カレと体の関係がある

別れた後に体の関係がある場合は、復縁の可能性がやや低くなります。

元カレにとって都合のいい女として扱われてしまうケースが多いからです。

体の関係に慣れてしまうと、元カレに「今の関係が心地いい」と感じさせてしまう場合があります。

復縁したいのであれば、体以外のところで必要とされるようにしましょう。

体だけの関係をズルズルと続けてしまうと、復縁の可能性は低くなるので注意が必要です。

別れた後に復縁を迫ったことがある

別れた後に復縁を迫ったことがある場合、復縁の可能性はやや低くなります。

元カレは「いつでも戻れる」と思ってしまい、キープ扱いされてしまう恐れがあるからです。

一度、復縁を迫って失敗している人は、しっかり冷却期間を置き、作戦を練り直す必要があります。

今のまま再びアタックしても、復縁できる可能性は極めて低いため注意が必要です。

元カレに現在新しい彼女がいる

元カレに現在新しい彼女がいる場合、復縁の可能性は低くなります。

当然ですが、元カレの気持ちは現在別の女性に向いているからです。

彼女とラブラブな状況の時に、あなたが復縁を迫っても、もちろん断られてしまいます。

辛いですが、今はタイミングを待って、自分磨きに集中してください。

現在新しい彼女がいるからといって、復縁の可能性がゼロというわけではありません。

彼女とうまくいっていないタイミングにアプローチすると、復縁が成就するケースもあります。

別れた後に元カレに関することをSNSであげた

別れた後に元カレに関する内容をSNSであげた場合、復縁の可能性は低くなります。

相手の悪口や未練を、他の人に公開されたという事実を、元カレはよく思っていない可能性があるからです。

ついついSNSに書き込んで、ストレス発散をしてしまいがちですが、誰が見るか分かりません。

あなたも仮に元カレがSNSにあなたの悪口を書いていたら、幻滅しますよね。

元カレが直接見ていなくても、友達伝いに聞いていることがあります。

別れた後に元カレに関することをSNSであげている場合、元カレの中であなたの評価は下がってしまうため、復縁の可能性が低くなるのです。

交際時の状況と復縁の可能性

交際時の状況も、復縁の可能性を診断する要因のひとつです。

交際時、二人がどのような状況だったかによっても、元カレの本気度が分かるからです。

会っていた頻度や交際期間を思い出し、自分の復縁の可能性をチェックしてみてください。

交際時に相手の両親に会ったことがあるか

交際時に相手の両親にあったことがある場合は、復縁の可能性がやや高くなります。

両親に紹介するというのは、真剣交際をしているケースが多いからです。

遊びで付き合っている関係なら、わざわざ親に紹介はしません。

あなたが将来を考えられる相手だからこそ、親に紹介するのです。

つまり、交際時に相手の両親に会ったことがあれば、一時的な感情で別れたとしても復縁できる可能性はやや高くなります。

交際時に相手の友人に会ったことがあるか

交際時に元カレの友人にあったことがある場合も、復縁の可能性はやや高くなります。

なぜなら、彼があなたと真剣に交際していたと考えられるからです。

今後も一緒にいるからこそ、自分の友人を紹介したい、そして自分の彼女を紹介しておきたいと思うのです。

逆に友人に会ったことがない場合は、遊びの可能性もあります。

交際時に相手の友人に紹介されたのであれば、復縁の可能性はやや高いと考えてよさそうです。

交際期間の長さ

交際期間が短いほど、復縁の可能性は低くなります。

交際期間が短い場合、元カレにとって遊びの関係であった可能性や、長く交際できると考えていないケースが多いからです。

もともと好きではないのに流されて交際を始めたケースや、思っていた恋愛ではなかったのが理由に考えられます。

反対に交際期間が長かったカップルは、それだけ復縁の可能性は高くなる傾向があります。

交際期間が長かったのは、遊びではなく、真剣に交際を続けていたということだからです。

会っていた頻度

交際期間中に会う頻度が多いほど、復縁の可能性は高いといえます。

会う機会が少ない場合、遊びの可能性があるからです。

また、会えない寂しさが理由で別れたカップルの場合、状況が改善されなければ復縁は難しくなります。

好きなら会いたいと思うのは当然の感情です。

つまり、会っていた頻度が多ければ多いほど、お互いに好きな気持ちが大きかったのであり、復縁は十分にあり得るのです。

 

以上が、復縁の可能性を予想する上での重要な項目になります。

元彼と復縁する方法

元彼と復縁するためには、以下の手順を踏む必要があります。

適切な手順を踏まなければ、いくら復縁の可能性が高くても成功することは難しいです。

具体的には以下の手順を踏みましょう。

  • STEP1.元彼と復縁したいなら冷却期間をおく
  • STEP2.別れた原因を分析する
  • STEP3.改善策を考える
  • STEP4.改善策の実行とアピール
  • STEP5.連絡をする
  • STEP6.会う機会を作る
  • STEP7.復縁の可能性を見極める
  • STEP8.復縁したい気持ちを伝える

かなりステップがあるため、大変かと思いますが、それほど復縁をするのは大変なことなのです。

具体的な手順については、「元彼と復縁したい!復縁方法と成功するためのコツ」を参考にしてください。

まとめ

元彼との復縁の可能性について紹介してきました。

復縁の可能性を判断する上での重要な項目は以下の通りでした。

  • 別れ方と復縁
  • 別れの原因と復縁
  • 別れの時の言葉
  • 別れ話の際の対応
  • 別れた後の状況
  • 交際時の状況

以上の点を意識することで、現在の元カレの復縁可能性を判断してみてください。

そのうえで、復縁に向けた改善に取り組むことで復縁可能性を高くすることが可能です。

復縁カテゴリの最新記事