【例文付き】復縁メールで送るべき内容とは?彼とヨリを戻すための3ステップ解説

【例文付き】復縁メールで送るべき内容とは?彼とヨリを戻すための3ステップ解説

「元カレに復縁メールを送りたいけど、どんな内容だったら復縁が上手くいくのかな?」

復縁メールを送るのはとても勇気がいりますし、一度でも間違えた内容を送ってしまったら、連絡が返ってこないかもしれません。メールを送るだけでもとても不安になります。

この記事では、成功率の高い復縁メールの送り方やタイミングなどを解説していきます。復縁メールで悩んでいる方がいたら、ぜひ記事を参考にしてください。

元彼に復縁したいと思わせるlineテクニックについては「元カレに復縁したいと思わせるLINEの内容とは?メールするきっかけとタイミング!」を参考にしてみてください。

当サイトおすすめの復縁屋

復縁屋 M&M
  • 業界最大手の復縁屋 (実働回数型)
  • 業界でも低水準の料金設定
  • お試しプラン、返金制度ありで安心

匿名OK・オンライン依頼も可能!

【基礎編】復縁メールを送る時の3つの注意点

元カレに復縁メールを送る際はタイミングと内容が重要になりますが、前提として絶対に送ってはいけないメールの内容があります。

誤った内容でメールを送ってしまうことで、あなたに対する印象がより一層悪くなってしまい、復縁のチャンスが一生来なくなってしまいます。主に気を付けるべきは以下の3点になります。

1.復縁希望のメールを送らない
2.長文メールは送らない
3.元カレを責める内容は送らない

普段友人や知人からメールが来た際に「なんでこんなメールを送ってきたの?」「なんだか読みたくない内容だな…」と思ったら、返信する気持ちが失せることってありますよね。復縁したいと思っている相手にそう思わせないためにも、メールの内容には気を付けなければなりません。

それでは、復縁メールの基礎となる3つの注意点について解説していきましょう。

復縁を希望するメールは絶対に送らない

復縁することが目的ですが、メールを送るのあくまでキッカケに過ぎません。別れたばかりなのに「またやり直したい」と送っても逆効果でしかありません。

彼があなたと別れたということは、理由があって今のあなたに対して付き合いたいという感情が一切なくなったということなのです。別れた原因が解決していないにもかかわらず一方的に復縁を迫られても、彼からすると迷惑でしかありません。

まずは、別れた原因などを見つめなおしてみましょう。喧嘩別れや彼の嫌がっていたことなど、見つめなおせばいくらでも出てくるはずです。それら原因を具体的に復縁メールに盛り込んでみましょう。

どのような内容のメールを送ればいいのかなども、この後に解説をしていきますので、ぜひ最後までご覧ください。

長文メールも送ってはいけない

また、復縁したい際に相手に伝えたいことが多すぎてやりがちな長文メールもNGです。

理由は単純な話で、メールの内容が長すぎると受け取った側は見る気が失せるからです。加えて、その長文に対してこちらも長文で返さなければならないのかという心理がはたらき、面倒くさいと感じて返す気も無くなってしまうのです。

なぜ別れたのか、自分のダメなところは直すからやりなおしたい、今どうしているかなど、元カレに言いたいことはたくさんあると思いますが、グッとこらえましょう。メールの内容は1~2つ程度にして、相手が返信しやすいシンプルなものにすることで、元カレも気負うことなく返信できます。

最初から一気に伝えたいことを長文で送るのではなく、まずは返信しやすい内容から送って少しづつ連絡を取り合う仲に戻るよう努めましょう。

元カレを責める内容

あなたの高ぶった感情を相手にそのままぶつけてしまうと、相手も感情的になり、話をスムーズに進められなくなってしまいます。復縁したいのであれば、お互いが心を落ち着かせた状態でメールのやり取りをできるようにならなくてはいけません。

確かに、別れる原因はあなただけでなく彼にもあったかもしれません。しかし、別れた相手から追い打ちをかけるように「私も悪かったけど、〇〇も悪かったからね?」とメールで非難されたら、元カレがどう思うでしょうか? ほとんどの場合、元カレを怒らせることとなり、冷静に返信できるわけがないのです。

そのため、たとえ別れた原因にお互い悪い点があり、あなたが元カレに対して不満を抱いていても、メールを送る際には彼の非には触れないよう注意してください。

【準備編】復縁メールを送るタイミング

送ってはいけない復縁メールの内容を理解したところで、次は準備編として送るタイミングや時期について解説していきましょう。

送る内容はもちろん大切ですが、送るタイミングも重要なポイントです。同じ内容のメールであっても、受け取るタイミングによって返信率も変わってきます。メールを送るベストなタイミングは以下のようになっています。

1.別れて半年以上経ってから送る
2.仕事中に送る

極端な例えですが、「あの時は本当にごめんなさい。元気にしてる?」という内容のメールを別れた数日後に受け取る場合と別れてから3ヶ月後に受け取る場合ではどうでしょうか?

数日後であれば、そんなにすぐに謝って本当に過ちを理解して反省しているのだろうか? と思われても仕方がありません。一方で、3ヶ月後であれば、この3ヶ月の間に深く反省してくれたのかもしれないと思われる可能性が高いのです。

復縁メールを送るタイミングと時期を見極めるため、これから解説する内容を参考にしてみてください。

別れて半年以上経ってから

期間を空けることで、別れた直後の悪い記憶がだんだん薄れてくるので、冷静に相手のことを考えられるようになります。

ケンカ別れをした直後では、相手の怒りが大半を占めてしまっているため。楽しく付き合っていた頃の記憶や相手の好きだったところの記憶が薄れてしまっています。

しかし、怒りの感情は基本的に時間が経てば消えていくため、時間が経ち「なんであんなに自分は怒っていたんだろう?」と冷静に考えられるようになります。

すると、別れた直後のマイナスイメージの記憶以外にも、楽しかった頃の記憶も思い出されていき、また連絡を取ってもいいかな?という気持ちになりやすいです。

すぐにメールをしたい気持ちを抑えて、復縁メールは別れてから少なくとも半年以上我慢して送りましょう。

相手が仕事中の時間を狙って送る

復縁メールを送るタイミングとして良いのは、相手が仕事中の時間です。

仕事中にメールが来た場合、基本的にはプライベートなメールは後回しにしますよね。あえて仕事中に送ることで、メールの返信内容について考えたり、そもそも元カノからのメールに返信するかどうかなどと考えたりする時間が生まれるのです。

また、仕事中も突然来たメールのことが気になるので、仕事が少し落ち着いたタイミングや移動時間中のタイミングなどでも自然とあなたのことを考えるようになり、心理的な効果も狙いやすくなります。

元カノから久々に来たメールに動揺しない人はなかなかいません。考える時間をたっぷりと与えることで、あなたのことを改めて思い出してもらいましょう。そもそもメールが返ってこないか、返ってきたとしてもどうせすぐには返ってこないので、元カレに考えるだけ考えてもらうために相手が仕事中の時間に狙って復縁メールを送りましょう。

【例文付き】復縁メールの書き方

これから復縁メールの書き方を解説しますが、復縁メールは単なるきっかけに過ぎないということを忘れずに意識してください。

メール1本で相手の気持ちを劇的に変えることはできません。あなたの復縁したいという気持ちがどれほど強くても、相手に復縁したいと思わせられなければ復縁は難しいものです。

それはメールだけでは難しく、メールをきっかけにして連絡を取り合うようになり、徐々に彼の心を動かしていく必要があります。

今回は3つのパターンに分けて解説していきますので、長期戦になるのを覚悟で復縁したい方はぜひ参考にしてみてください。

謝罪や感謝の気持ちを伝える

ケンカ別れのように別れた理由がはっきりしている場合は、謝罪や感謝の気持ちをストレートに伝えたメールの内容を送りましょう。

別れた原因がもしも自分にあれば、自分の悪いところを見つめなおして、これからはそれを変えていくといった姿勢をメール内で表現します。

ここでの一番のポイントは、メールを読んだ相手に「もしかしたら悪いところを改善してくれるかも?」と、期待を持たせるところです。あなたの悪いところが嫌で別れたのであれば、悪いところがなくなれば問題はないはずだからです。

実際に元カレに注意されたことを改めて内容に記載し、今後どうやってその悪いところを改善していくか伝えていきましょう。それでは、例文をご覧ください。

【例文】

久しぶり。突然のメールでおどろかせちゃうかもしれないけど、元気かな?

今さらかもしれないけど、あの時は本当にごめんなさい。きっと△△に嫌な思いをさせちゃったよね。別れてからいろいろと考えて、今まで言われたことを思い出してたら、あぁ私のこういう〇〇なところがダメだったんだなぁって思ったんだ。

正直あの時まで自分ではあまり気にしてなかったから、△△に言われた時はついカッとなって言い争いになっちゃった。でも、落ち着いて考えてみたり友だちに話をしてみたりしたら、やっぱり私が悪かったなぁって思って反省した。

いい歳だし私このままじゃダメだと思って、〇〇しないように〇〇や〇〇を始めてみようと思う。
△△のおかげで自分の悪いところに気づけたんだ。だから、どうしてもお礼を言いたくてメールしちゃった。

改めて、気づかせてくれてありがとう。

元カレの趣味を利用する

別れた理由が明確でない場合や自然消滅のような別れ方だった場合、相手とのきっかけを作り出すために元カレの趣味を利用した復縁メールを送るのもおすすめです。

偶然元カレの趣味に関するテレビを見たり、街中で気になるものを見つけたりなど、相手の興味に合わせた話題を振ってみましょう。質問形式のメールでもOKです。

質問であれば相手も返信しやすく、「復縁したくてメールしたのかな?」などと重く捉えられることはありません。また、自分の趣味に関することなので、「聞かれたから返してみるか」ぐらいの軽い気持ちで返信が来る可能性は高いです。

「〇〇のゲームを始めてみたんだけど、どうしてもここのラスボスが倒せなくて…」「新しいカメラを買いたいんだけど広角レンズってどれがおすすめ?」など、相手の興味を惹きつつ話題が広がる内容がベストです。

自分と同じ趣味を持った元カノとなると悪い気はしません。「仕方ないな、話してやるか」と言う気持ちになれば、復縁のきっかけにもなります。それでは、例文をご覧ください。

【例文】

突然ごめんね!元気?

ちょっと聞きたいことがあってさ。

職場の同僚に誘われて最近カメラにハマり始めたんだけど、元々持ってるデジカメじゃ撮りたい景色を全部撮れなくて…。なんか良いカメラないかなぁって探してる時に△△のこと思い出してね。カメラ好きでいろいろなカメラ持ってたでしょ?旅行先とかで撮ってくれてたし。

だからおすすめとか教えてもらえないかぁ、と思ってメールしました!広角レンズって言うの?が良いらしいんだけど、ネットで探したら情報量多すぎて!私みたいな初心者にも使いやすいカメラがあったら教えて欲しいです。

全然急ぎじゃないんで!もしも仕事中だったらごめんね。時間があるときに良かったらよろしくお願いします!

共通の知人がいる場合

元カレと共通の友人や知人がいる場合は、第三者を介した内容のメールを送るのがおすすめです。

復縁したがっているということを匂わせずに自然な流れで連絡をとりたいため、友人や知人に関連する内容であれば警戒心をあまり持たれずに返信してもらえる可能性が高いのです。

「〇〇と最近連絡取ってる?同窓会の件で質問したいことがあるんだけどメール消えちゃってて…」など、友人や知人と連絡を取るために元カレに仕方なく連絡したという雰囲気を醸し出しましょう。

あなたの興味が元カレ自身ではないことを知れば、特に身構えられることなく返信してくれます。それでは、例文をご覧ください。

【例文】

忙しいところいきなりごめん!ちょっと聞きたいことがあって。

△△って大学で一緒だった〇〇の連絡先とかまだ知ってる?メールでもメールでも何でも良いんだけど。

実は大学の教授と偶然出会って、久々にゼミのみんなで飲もうってなったんだけど、〇〇だけ連絡取れないんだよね。△△ってサークル一緒だったじゃない?知ってたら教えて欲しいなぁと。

知らなかったらお騒がせしてごめんね。できればで良いんで、よろしくお願いします!

返信が来なかった時は素直に諦める

復縁メールを送ったとしても、必ず相手から返信があるとは限りません。もしも、元カレからメールの返信が来なかった場合は、素直に諦めて次の恋に向けて動き出しましょう。

返信が来ない理由はさまざまです。しかし、その本当の理由を知る術はありません。来ないメールをただひたすら待ち続けるのは辛く不毛なため、新しい恋に向けてスタートを切る方が建設的です。

単純にもう連絡を取りたくないから無視しているパターンは多いですが、メールアドレスを変えていたり、違うフォルダに入ってしまい受信していたことに気づいていなかったり、メールをチェックしていなかったりと人に寄りけりです。

そのため、元カレに復縁メールは送る際は「もしかしたらでも返事があったらいいな」「来なかったらもう終わりにしよ!」ぐらいの軽い気持ちで送ることを心がけましょう。

どうしても復縁したい場合は復縁屋に依頼

しかし、みなさんの中にはそれでも諦めずに復縁したいという方もいますよね。その場合は、返信が来ないからといって立て続けにメールをしてはいけません。自力で難しいのであれば、復縁のプロである復縁屋に相談してみましょう。

復縁最大手の復縁屋M&Mでは、どなたでも気軽にメールや電話で無料相談を受け付けています。もちろん、初めて利用する方がほとんどのため、お試しプランや返金制度も用意しています。

「メールを送ったけど返事がない」「彼の今の状況を知りたい!できれば復縁したい!」とお悩みの方は、一度相談してみるのも一つの手です。

返信が来た時は基礎編を守ってやり取りを続けよう

この記事では、復縁メールで送るべき内容と元カレとヨリを戻すために必要な3ステップについて解説してきました。

復縁を本気で望むのであれば、たった1つのメールも慎重に送りましょう。

復縁したいという気持ちを表に強く出さず、半年以上の期間を空け、タイミングを探ってさり気ない内容でメールを送るのがポイントです。

メールを送った後にどうなるかはわかりません。しばらくメールのやり取りが続いて再び会えるようになるかもしれませんし、そもそも返事が来ないかもしれません。

しかし、簡単ではありませんが、復縁メールがきっかけで元カレとヨリを戻せる可能性は十分にあります。適切な復縁メールの送り方を知り、復縁を目指して頑張ってくださいね。

参考:元カレとの復縁の可能性を30秒で簡単診断!復縁可能性が高くなる条件とは?

復縁カテゴリの最新記事