既婚者を好きになって辛い時の対処法!彼の気持ちを手に入れる方法とは

既婚者を好きになって辛い時の対処法!彼の気持ちを手に入れる方法とは

好きになったしまったのが既婚者だったというのは辛いもの。

不倫はよくないものだと分かっていても、好きな気持ちをあきらめるのも、なかなか難しいものです。

それでは、もし既婚者を好きになってしまった場合、辛い気持ちはどうやって乗り越えればよいのでしょうか。どうしてもあきらめられない場合には、どんな方法があるのでしょうか。

今回は既婚者を好きになってしまった場合の対処法や、本気で相手を好きになってしまったときの、既婚者の彼を落とす方法をご紹介します。

既婚者に惹かれる理由とは?

多くの人にとって、不倫はよくないものというのは当たり前のこと。

しかし、それが分かっていてもなぜか既婚者に惹かれてしまうことがあります。

というのも実際に既婚者は独身者よりも魅力的な部分が多いもの。

たとえば既婚者の魅力が余裕のある態度。独身の男性の場合、どうしても気軽に行動できるため、自分本位で物事を考えがちですが、家族を持った既婚者は思慮のある行動が求められます。

また、様々な人生経験を積んでいることから、どんなことが起きても、落ち着いて対処することができるのも既婚者ならでは。

さらに結婚生活などを通じて、精神的な安定感があり、こういった態度は既婚者の魅力といえるでしょう。

 

既婚者に好きになってしまう人はたくさんいる

このように既婚者は様々な魅力がある存在。一緒にいて学ぶことも多いため、ついつい心惹かれてしまうことがあります。

また、既婚者はすでに結婚しているため、手に入れようと思っても手に入らないという存在。

女性の中には「手に入らないならあきらめよう」と同じぐらい、「手に入らないものが欲しくなる」という心理があるもの。

それに加えて、既婚者は基本的には独身の女性を恋愛対象として見ることはありません。

それが逆に独身女性の心を刺激して、既婚者なのに好きになってしまうという状況が生まれてしまいます。

 

既婚者を好きになってしまった時の対処法

好きにならないように気を付けていても、気づいたら相手を好きになってしまったということは珍しくはありません。

相手が独身でも苦しいものなのに、既婚者となれば恋の苦しみはなおさら強くなるもの。

では既婚者を好きになってしまったときにはどんな対処法があるのでしょうか。

 

距離を置く

もし既婚者を好きになってしまったら、まず一度、相手との距離を置くのがおすすめです。

好きになってしまったら相手との距離を近づけたくなるもの。しかし、そこで近づいてしまうと、ますます相手のことが好きになってしまい、どうしようもなくなってしまう結果に

もし既婚者のことを好きだと自覚した場合には、一度距離を取りましょう。離れている間に、冷静さを取り戻すことが必要です。

 

相手の家族や状況を考える

既婚者との恋愛を始める前に、どうしても考えておかなければならないのが相手の家族についてです。

相手には奥さんはもちろん、子どもがいるかもしれません。もし自分が奥さんの立場だったらどう感じるでしょうか。

また、自分の親が不倫をしていると思ったら、子どもはどう思うでしょう。

誰を好きになるのかは自由ですが、既婚者が相手の場合、それで悲しむ人がいるかもしれません

これからどうするのかはその人次第ですが、既婚者が相手なら、個人の問題では済まなくなるということは忘れないようにしましょう。

 

リスクを自覚する

既婚者を好きになるだけなら、まだ問題はありません。しかしもし両想いになってしまったり、身体の関係が出来てしまうと、不倫ということになってしまいます。

そのとき、絶対に忘れてはいけないのが不倫にともなうリスクです。もし不倫が見つかった場合、自分も相手も会社を辞めなければならないこともあります。

また、相手の奥さんに訴えられた場合には、自分自身にも慰謝料を請求される可能性も。金額はケースバイケースですが、決して安いお金では済みません。

既婚者を好きになるということは様々なリスクを伴うことだということは覚えておいた方がよさそうです。

 

仕事や趣味にエネルギーを注ぐ

恋愛には大きなエネルギーが必要なもの。好きな相手がいればモチベーションもアップしますが、逆に相手と上手くいかなければ気持ちが落ち込んでしまいます。

もし相手が既婚者だった場合、どこかでエネルギーを発散することが必要です。

そのため、まずは仕事や趣味にエネルギーを注ぐことを心がけましょう

もしエネルギーが発散できない場合、既婚者を好きになってしまった罪悪感や、相手の奥さんに対する嫉妬など、マイナスのことばかり考えてしまう可能性も。

そうなると、恋愛が上手くいかなくなるだけでなく、周囲にマイナスのエネルギーが生まれて、自分自身の魅力も低下してしまいます。

それを避けるためにも、エネルギーを使うための場所や目的を見つけましょう。

 

誰かに話を聞いてもらう

もし既婚者を好きになってしまったら、誰かに相談するという方法もあります。

恋愛について悩みを人に相談しないというタイプの方もいらっしゃるかもしれませんが、もし相手が既婚者なら、誰かに話を聞いてもらうのがおすすめ。

というのも、相手を好きになってしまった場合、自分ひとりで冷静な判断を下すのはなかなか難しいもの。

また、「既婚者を好きになっても仕方がない」「あきらめるべきだ」といった反応を予想してしまうため、どうしても一人で抱え込みがちです。

しかし、自分一人で抱え込んでいると、ますます罪悪感や悩みが深くなってしまうもの。まずは「友達の話だけど」などと前置きしたうえで、誰かに話を聞いてもらいましょう。

それだけでも気持ちの整理ができることもあります。

 

なぜ相手を好きなのかを考える

人を好きになることに理由はないともいいますが、相手が既婚者なら話は別。まず、なぜ相手のことを好きなのか、なぜ相手でなければならないのかを考える必要があります。

もしかすると、実は相手は誰でもよい、相手が既婚者だから好きだという可能性もあります。

すでに説明したように、既婚者には様々な魅力があるもの。さらに既婚者を好きになる女性は決して少なくありません。

自分が雰囲気に流されているということも多いものです。

これから本格的な恋愛になる前に、一度立ち止まってしっかりと考えてみましょう。

 

ほかに好きな人を探す

既婚者を好きになったとしても、幸せな未来がやって来ることはほとんどないものだと考えておいたほうがよいもの。

独身が相手のときとは異なり、デートや食事のときには人目を気にしなくてはならず、もしかすると訴えられたり、慰謝料を請求されたりというリスクが伴います。

つまり、不倫してよいことはほとんどないといってもいいでしょう。

もし既婚者を好きになった場合、一度心を落ち着けて、自分の周りにいる男性にも目を向けてみましょう

あまり独身の男性がいない環境の場合、いつもと違う場所に出かけてみてもOK。

もしかすると、そこで理想の男性と出会えるかもしれません。

 

恋愛以外のことに目を向ける

一度好きな人が出来ると、どうしても恋愛が生活の中心になることも少なくありません。

時間があると相手のことを考えてしまうという経験は誰にでもあるもの。相手が独身の場合なら構いませんが、相手は既婚者。

相手の考えていてもよい結果は生まれません。それどころか、一度相手のことを考え出すと、心が乱れて健全な生活を送れないということにもつながってしまいます。

特に既婚者を好きになってしまった場合、これからの未来が見えないため、どうしてもマイナス思考になりがち。

まずは恋愛中心の考え方から抜け出して、できるだけ恋愛以外のことに目を向けるようにしましょう。

 

友人として付き合う

既婚者を好きになったとしても、必ずしも告白しなければならないというわけではありません。

好意を持ちながら、友人として付き合うことは十分可能です。友人であれば、ほどよい距離で接することができるもの。

また、友人として付き合っているうちに自分の気持ちが変わることも考えられます。

妻子ある相手と恋愛するのは覚悟が必要なもの。
まだその覚悟がないという場合、まずは友人として付き合ってみることがおすすめです。友人関係が難しそうと感じる場合は、以下の記事も参考にしてみましょう。

 既婚者と異性の友達は成立する?男友達との遊びと不倫のボーダーとは

 

片思いを楽しむ

既婚者を好きになってもどうしようもないと分かっている場合、思い切って片思いとして楽しむという方法があります。

恋愛といえば、片思いよりも両想いと考えがちですが、実際には片思いの期間も楽しいもの。

たとえば、彼とどんなデートをしようとか、どんなファッションで出かけようなどと考えていると、空想が膨らんでいくもの。

もし想像であれば、相手が既婚者であっても誰にも迷惑は掛かりません。

ダメだと分かっていながら既婚者を好きになって悩んでいるという場合には、片思いの恋愛として楽しむというのもよい方法です。

 

既婚者への片思いをやめて彼を落とす方法

既婚者への気持ちをどうしても抑えることができない!そう思ったときには、片思いを止めて彼を落とすことになります。
では本気で既婚者の男性を落としたいと思うときにはどのような方法があるのでしょうか。

距離を近づける

既婚者の男性に特別な感情を抱かせたい。そう思ったとき、まずは二人の距離を縮めることが必要です。

接触する時間が長くなれば、相手も少しずつ親近感を抱くようになるもの。

直接話をするだけでなく、メールやSNSを活用して、少しずつ相手との接触を増やしていきましょう。

 

相手の好みを知る

相手との距離を近づけるためには、共通の趣味や話題があることも必要です。

そのためにはまず、相手の好みを知ること。どんなものが好きでどんな趣味があるのかなど知れば、それをきっかけにすることで、コミュニケーションの機会を増やすことができます。

特に既婚男性は、なかなか趣味の話ができる相手が少ないもの。奥さんと話が合わないと不満を感じている人もいます

そんなとき、自分と同じ好みを持った女性が現れれば、意識せずに済ませるのは難しいものです。

 

悩みを相談する

既婚男性は女性から頼りにされるとうれしいもの。また、既婚男性に悩みを相談すると、相手との距離を縮める効果もまります。

もしまだ相手とそれほど親しくなっていない場合や、あまり相手のことをよく知らないという場合、悩みの相談からスタートするのは効果的な方法です。

特にプライベートな悩み相談の場合、二人きりになる機会を作らなければいけません。

既婚男性の場合には、妻以外の女性と二人きりになるのを避ける人がいますが、そんなときにはメールなどで個人的なやり取りをするチャンスにもつなげることができます。

また、二人だけの秘密を共有することで、さらに親密さを高めるという効果もあります。

 

男性としての魅力をほめる

男性だけでなく、人間はほめられるとうれしいもの。しかし、実際には既婚男性はほめられることがあまりありません。

特に家庭の中では「そこにいて当然」と思われていることが多く、どこが魅力的なのかを改めてほめられる機会はゼロと言っていいかもしれません。

もし既婚男性の関心を引きたければ、とにかく相手をほめること。

特に既婚男性は「一人の男性としての魅力」を認めてくれる人を欲しがっています。容姿だけでなく、ちょっとした行動をほめるとさらに効果があります。

 

奥さんのことを調べる

既婚者の男性の好みといえば奥さんと同じタイプなのでは?そう考える方もいらっしゃいますが、実際はその反対。

既婚男性が惹かれるのは奥さんと正反対のタイプです。

奥さんと同じタイプの女性と不倫の関係になりたいという男性は少ないもの。

そのため、まずは奥さんがどんなタイプなのかを調べてみましょう。もし自分と同じタイプだと思ったら、本来の自分とは正反対の行動を取ったほうが男性の興味を引くことができます

 

癒しを与える

男性が女性に求めているものは心の癒しです。

既婚者の場合、もっとも身近な存在である奥さんに癒しを求めることになりますが、それが満たされることが意外に少ないもの。

もしあなたが奥さんに代わって癒しを与えることができれば、彼にとっては奥さん以上に大切な存在になるはず。

まず相手の状態をよく観察して、疲れているようであればいたわりや励ましの言葉をかけてみましょう。

 

欠点を受け入れる

もし本気で既婚の男性を落としたいと思ったら、相手の欠点を含めてすべてを受け入れることがもっとも重要です。

男性は結婚相手にはすべてを受け入れて欲しいと望むものですが、実際にそれが満たされることはほぼありません。

奥さんには細かい欠点を指摘されてばかりでうんざりしている、そんな男性の前に、欠点も含めて自分のすべてを受け入れてくれる存在が現れると、思わず既婚男性は心を許してしまいます。

 

「誰にも言わない」ことを伝える

既婚者にとって、なによりも怖いのは不倫の事実が周囲に知られてしまうことです。

特に男性の場合、仕事に影響することもあり、不倫が発覚すると、会社も家庭もどちらも失ってしまう可能性があります。

そのため、多くの男性が考えているのは「不倫には興味はあるけどばれるのが怖い」ということ。

つまり、既婚の男性が選ぶのは口の堅い女性ということになります。なんでも周囲にばらしてしまうような女性とは決して付き合おうとは思いません。

もし既婚男性と付き合いたいときには、まず「自分は口が堅い」と言うことを伝えることが必要です。

といっても普段からうわさ話やゴシップを離していると、いくら「口が堅い」といっても信じてもらえないもの。

まずは普段の会話から態度を改めましょう。

 

事実関係を作る

既婚者男性を落とすとき、もっとも効率のよい方法は、事実関係を作ってしまうことです。

どのような男性でも、女性に対して肉体的な興味があるもの。

もし肉体関係を結んでしまえば、男性の中であなたの存在が大きくなります。また、誠実な男性ほど自分の行動に責任を感じるものです。

さらに肉体関係を持つことは、女性としての魅力をアピールすることにもつながります。

といっても、肉体関係を結ぶということは不倫が始まったということ。不倫は大きなリスクを伴うものなので、気軽な気持ちで始められないということは覚えておきましょう。

 

既婚者との不倫のリスクとは?

既婚者と両想いになった場合でも、しっかりと覚えておかなければならないのが不倫のリスクです。

まず不倫の大きなリスクが経済的・社会的な面。

不倫は法律に触れる行為なので、損害賠償の対象になります。さらにそれを職場に知られると、以前のように働くことができず、最悪の場合には退職になってしまうこともあります。

また、見逃せないのが家族や友人関係への影響。

不倫が発覚したことで、家族や友人から縁を切られることも珍しくありません。

不倫を決断するときには、このようなリスクがあることも覚えておきましょう。

 ⇒不倫がバレる前に知らなきゃダメ。妻からの慰謝料請求を減額する方法

 

まとめ

既婚者を好きになってしまったときの辛さは、経験した人でなければ分からないもの。

もし両想いになってしまった場合でも、それからは不倫の関係が始まってしまうと思うと、あきらめるのがいいと考える方も多いかもしれません。

ただし、本当に好きな相手のことをあきらめるのは難しいもの。その場合、不倫を長引かせるよりも、思い切って略奪婚を狙うほうがよいかもしれません。

不倫成就カテゴリの最新記事