好きな人に嫌われた?挽回する10の方法や職場での対処法

好きな人に嫌われた?挽回する10の方法や職場での対処法

好きな人に嫌われてしまうととても悲しいですよね。特に同じ職場など、毎日顔を合わせる関係ならば逃げ場がありません。

しかし、好きな人が近くにいる環境というのは逆に言えば挽回のチャンスが多いのです。

下がってしまった好感度を挽回したり職場で気まずい思いをしたりせず、もっと仲良くなれたらいいですよね。

好きな人に嫌われてしまった人が好感度を取り戻す方法と職場での振舞方について紹介します。

 

 
この記事を読む前に

【期間限定】あなたの恋を成就させる
プロの別れさせ屋を紹介します!

・彼と復縁出来ない
・好きな人に彼女がいる
・好きな人に奥さんがいる
・既読無視もしくは未読無視
・LINEブロックされている
・不倫関係の終わりが見えない
・奥さんと別れてくれない
・都合のいい女をやめたい
・絶対あきらめたくない人がいる
 
これらの悩み、まずはプロの別れさせ屋に相談してみませんか?
 
あなたの不可能が可能になるかもしれません。

まずは口コミだけでも覗いてみましょう。

好きな人に嫌われてしまった時の挽回方法10通り

好きな人に嫌われてしまったと思ってもヤケになったり諦めたりする必要はありません。 以下の方法で挽回していきましょう。

 

嫌われた原因を探る、改善する

嫌われたのには何か原因があるはずです。その原因を突き止め、受け止めるところから挽回は始まります。

原因が分からないと好きな人に謝罪することももう一度好きになってもらうために改善することもできません。 態度、失言、遅刻、LINEの送り過ぎなど彼に嫌われてしまった理由を探ってみましょう。

自分の過失や欠点を受け止めるのは簡単ではないかもしれませんが、開きなおったり見ないふりをしたりしていても事態は改善しません。

嫌われた原因をはっきりさせたら謝罪、そして改善です。嫌われた原因が遅刻癖や連絡にルーズなど習慣的なものならばその場限りではなく、継続していくようにしましょう。

 

話し合う

誤解があったり謝りたかったりしたときには思わせぶりな態度をとったり目配せをしたりするのではなく、きちんと話し合いましょう。

しおらしい態度をとっていても、あなたを嫌っている彼の視界には入りません。あるいは神経を逆なでするだけです。

話し合いをするときには簡潔さを心がけてください。本題に入らず前置きがダラダラと長かったりだんまりを決め込んだりしてしまうと彼は余計にイライラさせてしまいます。

謝るときは誠実さが大切です。 「だってあなたがそんなこと言うから」など文句を言ったり責めたりすると事態は余計に悪化します。

挽回したいのならばつまらないプライドは忘れましょう。

一方的に自分の言いたいことを言うだけでなく、相手の話もきちんと聞いてください。誤解を解きたい場合は文字や図にして整理をするとお互い理解しやすく、冷静になれます。

 

相談事を持ち掛ける、頼る

嫌われている時に雑談を持ち掛けられても彼は「邪魔された」と受け取ってしまいがちです。

話しかけたいとき、会話によって挽回したい時には相談事を持ち掛けたり頼ったりするのがおすすめです。

「この書式が分からないのだけれど、教えて欲しい」「備品の設置が大変だから手伝って欲しい」など、仕事に関わるものだと自然な感じで頼めます。

嫌われている時にさらに迷惑をかけるなんて……と思うかもしれませんが、相談したり頼ったりするというのは「貴方を信頼しています」という意思表示です。

寄せられた信頼には応えたくなるものなので、負担になり過ぎない程度に頼っていけば関係は改善していくでしょう。

会話は自然と増えますし、お礼にかこつけて感謝や尊敬も自然に伝えられます。

 

距離を取る

相手が冷静ではないときやあからさまに避けてくるようならばむやみに話しかけたり近づいたりすると余計に嫌われます。

近づかない、連絡を取らないなどをして距離を取りましょう。 冷却期間を置くと彼は冷静になり、あなたに対する嫌なイメージや怒りなどが薄れていきます。

あなたも「嫌われてしまった!なんとかしなきゃ!」というパニックが収まり、広い視野で冷静な判断ができるようになるでしょう。 お互いの心がフラットな状態になってからの方が信頼関係の再構築はしやすくなります。

冷却期間中に彼に嫌われてしまった原因や習慣の改善も図っていきましょう。

 

自分の気持ちはしっかり伝える

彼が口をきいてくれなかったり話し合いすらも嫌がっていたりする状態であっても、自分の気持ちはしっかりと伝えましょう。

特に冷却期間を設ける場合は何も言わないまま急に距離を取ると彼に「決別の意思表示」とみなされ、挽回がさらに困難になってしまいかねません。

「まだ好き」「反省しています」「ごめんなさい」など自分がどうしたいのか、相手のことをどう思っているのかを簡潔に、そして具体的に伝えましょう。

ただし、LINEなどで何度も何度も送り付けるのはストーカーのようになってしまうのでよくありません。回数や言葉は重ねれば重ねるだけ受け取る側にとっては陳腐なものとなってしまいます。

 

第三者を交えて会う

2人きりになると空気が冷えてしまうのならば第三者を交えて会いましょう。休憩やランチ、飲み会などがおすすめです。

無理に彼と話す必要はありません。同じ空間にいる、同じ時間を楽しむことに意味があります。

次第に第三者がいる場でならば自然に会話ができるようになり、やがて2人きりでも話しやすくなるでしょう。 第三者を挟むことでお互いに冷静になれ、良い距離間で接することができます。

 

短いLINEを送る

LINEを送るときは簡潔なものがおすすめです。内容は「残業お疲れ様」「案の採用おめでとうございます!」など、相手を気遣う姿勢を心がけましょう。

自分の気持ちを長々と綴ってしまうと重くなります。 軽い内容ならば相手も気軽に「ありがとう!」「そっちもお疲れ様」などと送り返せます。

たとえ社交辞令であってもやり取りをすることが重要です。徐々に雑談などもできるようになっていくでしょう。

 

笑顔で接する

彼に嫌われていると思うと気分は沈み、彼と話すときは緊張してしまうものです。しかし、暗い顔をしているとますます彼との距離は開いてしまいます。

委縮した振舞いをする女性は男性にとっていじらしいというより、扱いにくいです。 笑顔を心がけましょう。

挨拶や業務連絡はためらわずに行ってください。男性はプライベートを公の場に持ち込むことを嫌います。 笑顔で元気に振舞う姿を見せ、もう1度あなたのいいところを発見してもらいましょう。

 

周りに親切にする

嫌われている時は彼への接し方で頭がいっぱいになってしまいがちですが、視野を広げ、周りにいる人にも親切に振舞うようにしましょう。

周囲に対する気遣いや優しさは好感度アップにつながります。 彼にだけ気を使っていても彼は「媚びているだけ」と感じてしまいますが、周囲にも優しく接すると「やっぱりいい人なんだな」と見なおしてもらえるでしょう。

ゴミ捨て、連絡係など雑用をすすんで行うのもおすすめです。

 

第三者を介して褒める

信頼できる共通の知人を頼ってみましょう。 嫌われている時はあなたが直接彼に好意を伝えるよりも「〇〇さんがあなたのこと褒めていたわよ」と第三者経由で耳に入るほうが素直に受け取ってもらいやすいです。

ただし、第三者を経由して伝えるのは「褒める」だけにしましょう。 「〇〇さんがごめんなさいって言っているよ」などという内容は彼に「直接言えよ」と思われたり「変な噂流されているんじゃないかな」と不快にさせたりしてしまいます。

 

 ⇒好きな人から連絡が来ない時にやるべき男性心理の掴み方

 

好きな人に嫌われてしまった時の職場での振舞方

好きな人に嫌われてしまうと職場でもぎこちなくなってしまいますが、いつも以上にしっかりとした振舞を心がけましょう。

大人の女性としての力量の見せどころです。

 

仕事を頑張る

仕事を頑張る人は無条件で評価され、尊敬されます。職場での評価が高くなれば彼もあなたを無碍にはできません。

さらに、仕事に邁進する姿を見せれば彼もあなたを見直してくれるでしょう。 仕事に関することならば会話もしやすくなります。

職場で同じ目標に向かって頑張ることでだんだんと心の距離が戻っていきます。

 

あからさまに態度を変えない

嫌われているのだと思うとつい媚びたり委縮したりした態度をとってしまいがちですが、彼のイライラをあおってしまうばかりです。

彼の方に態度を和らげる意思があったとしてもあなたが変な態度をとっていると彼もギクシャクしてしまいます。

他の職場の人と同じ態度で接するようにしましょう。そうすれば彼も同じようにあなたをことさら避けるようなことはしなくなってきます。

 

悪口は言わない

軽率に悪口を言い、それが彼の耳に入ってしまうと挽回の難易度が上がってしまいます。

彼に嫌われていることを相談するときには相談相手を良く選ぶようにしましょう。あなたが悪口のつもりで言った言葉ではなくても、そうではない風に話されてしまうこともあります。

彼に直接言えないことや知られたくないことは他の人にも言ってはいけません。

 

好意の返報性を利用する

好意の返報性とは心理学用語で簡単に言えば「人から好意を受け取ると返したくなる心理」です。

微笑んだり褒めたりなどさりげない好意を送り続けていると彼の方もだんだんと「好意を返したい」と思うようになります。

最初はそっけない態度であっても挨拶をし続けていればやがて反応してもらえ、徐々に笑顔なども見せてもらえるようになるでしょう。

 

 ⇒男性が好きな人にとる態度は?職場でのアプローチ法が知りたい

 

好きな人からますます嫌われてしまわないように

まとわりついたりあからさまに避けたりしてしまうとますます嫌われてしまうので注意しましょう。特に仕事に私情を挟むのは良くありません。

好きな人に嫌われるのはとっても悲しく、心が落ち着かなくなってしまうものです。ついつい彼の反応を確かめて見たくなってしまったり、自罰的な行為をしてしまったりしたくなることもあるでしょう。

しかし、これ以上嫌われたくないのならば、自分の悲しみや焦りにばかり目が向けるのではなく、彼が「今の自分をどう思うのか」を考えることが大切です。

何かアクションするときには自己満足したいだけなのではないかを考えるようにしましょ。

時には謝罪や献身よりも距離を取るのが有効な場合もあります。

 

 ⇒好きな人とうまくいかない原因は?恋愛がうまくいかない疲れた人が読むべき振り向かせ方

 

好きな人に嫌われてしまった時に踏ん張り方

好きな人に嫌われてしまった時はジタバタしても悪化するだけです。挽回したいと願うのならば簡単に諦めたりヤケになったりせず、踏ん張りましょう。

彼から嫌われてしまった原因を改めたり自分磨きをしたりすると彼もあなたを見る目が変わってきます。 些細なことで一喜一憂したり彼のことばかり考えてしまったりするのならば仕事や遊びなど、没頭できる何かを探すのがおすすめです。

1度壊れてしまった信頼はすぐには元には戻りません。腰を据えてじっくりと取り組みましょう。

時間が解決することもあるので嫌われたからといって、すぐに「もうダメだ!」と諦めてしまう必要はありませんよ。

 

まとめ

好きな人に嫌われてしまうとパニックになってしまいがちですが、落ち着いて挽回していきましょう。

嫌われた原因を改善する、話し合う、好意や信頼を寄せる、第三者を挟む、しばらく距離を置いたりすることで再び信頼関係を構築していける可能性があります。

嫌われている時はダラダラと話しかけたり媚びたりいかにも落ち込んでいる体を見せても神経を逆なでするだけなので気を付けてください。

好きな人に嫌われてしまっていると視野が狭くなってしまいがちですが、こんなときほど落ち着いて彼や周りが「いいな」と思ってもらえるような言動を心がけましょう。

今すぐ彼の感情を180度変えることはできなくとも、諦めずに実践していけばだんだんと挽回をしていくことができます。

振り向かせたいカテゴリの最新記事