不倫相手とクリスマスを過ごすための方法やテクニック7選!

不倫相手とクリスマスを過ごすための方法やテクニック7選!

恋人が既婚者であっても、愛し合っているのであれば、気にせずにいれば快適に関係を進められます。しかし、彼の状況を気にしたくなくても気になるのが、クリスマスなどのイベント。

公式な夫婦や家族と過ごす色合いの強いイベントが近づくと、不倫をしているものとしては、気持ちに陰りが現れたりすることも。相手が既婚男性であっても、二人は恋人であることに変わりありませんが、なんだか寂しいなあと思うのは当然です。

不倫相手とクリスマスを過ごすための方法や、叶わないときの考え方についてみていきます。

 

 
この記事を読む前に

あなたの恋を成就させる
プロの別れさせ屋を紹介します!

・彼と復縁出来ない
・好きな人に彼女がいる
・好きな人に奥さんがいる
・既読無視もしくは未読無視
・LINEブロックされている
・不倫関係の終わりが見えない
・奥さんと別れてくれない
・都合のいい女をやめたい
・絶対あきらめたくない人がいる
 
これらの悩み、まずはプロの別れさせ屋に相談してみませんか?
あなたの不可能が可能になるかもしれません。

▼別れさせ屋M&Mへ無料相談はこちら▼

 ※24時間受付中です
※20歳以上の方限定となっています

既婚男性と過ごすクリスマス!テクニック7つ

既婚の彼氏とクリスマスが過ごしたい。そのためには、工夫が必要です。不倫だからといってクリスマスを諦めるなんてナンセンス。不倫を逆手にとってクリスマスを楽しみましょう。

既婚男性とクリスマスを楽しむためのテクニックをご紹介します。

 

その1:別の日に二人だけのクリスマス

クリスマスの行事は12月24日または25日に開催されます。子どもや学生であれば当日にこだわるのもよいですが、大人になれば不倫でなくてもその日にデートが確実にできるとは限りません。

12月のクリスマス周辺の日をクリスマスと定めてデートをしましょう。

12月といえば年末で、社会人であれば仕事の繁忙期でもあります。必ずしもクリスマスの当日や直近日に時間を空けることはできません。不倫だからクリスマス当日が空けられないのではなく、忙しい時期だと理解して、カレンダー上のクリスマスにはこだわらず別日にデートを楽しみましょう。

 

その2:休みをとって昼間に

既婚者にとって、世間に認知されたイベントの日の夜にふらふらと家を空けるのはリスキーです。しかし、裏を返せばクリスマスの当日であっても昼間はノーマークであるということ。

お互いに休みをとって昼間のクリスマスデートを楽しみましょう。年末は会社などの繁忙期ではありますが、有給休暇の取得期限でもあり会社によっては調整をうながされます。彼と同じ会社に勤務していたとしても、この時期であれば重なった日に休んでいても気にされる可能性は低いでしょう。

12月の24日または25日の昼間、日中のクリスマスも思い出深いものになるはずです。

 

その3:普通のカップルのように

既婚者と交際していると必要以上に警戒したり、相手のことを深読みしすぎてしまうものです。彼は既婚者だからクリスマスは一緒にはいられない、がまんしようと自ら考える優しい女性がたくさんいます。

しかし、家庭によっては案外クリスマスを重視していないところもあります。そもそもイベントを毎回大げさに楽しむ家庭もあれば、誕生日さえ普通に過ごす家庭もあります。

彼にそれとなくシングルカップルのようなクリスマスデートを提案してみましょう。意外にもあっさりOKとなることがあります。彼の家庭のことは忘れて楽しいデートを楽しめるはずです。

その4:プレゼント

クリスマスといえばプレゼントです。子どものころはサンタさんからのお届けものに旨が湧き踊ったように、彼からのプレゼントを期待する女性も多いはず。

ただ、男性の場合は必ずしもプレゼントにこだわるわけではないと思っておきましょう。そもそもプレゼントの習慣がない男性であれば不倫かどうかに関係なくプレゼントは無しという可能性があります。プレゼントがないからといって愛していないというものではありません。

こちらから彼へのプレゼントですが、これは使って無くなるものや仕事のアイテムなどがおすすめです。衣類やアクセサリーは火種になることを考えやめておくのがベター。

クリスマスに形のあるものではなく、愛の言葉や優しい対応というプレゼントも大人ならではで喜ばれます。

その5:短時間のデート

デートの時間と愛情は比例しません。短時間の逢瀬であっても、そこで愛を育てることは可能です。

クリスマスに家庭の事情や仕事の事情で、ゆっくりと時間がとれないのであれば短時間のデートを楽しみましょう。

車通勤であれば、自宅まで送ってもらう。昼休みにランチデートをする、など。30分、1時間程度の短時間デートはかえって新鮮です。クリスマスに短時間でも時間を合わせようとしてくれた彼の深い愛情を感じることもできるでしょう。

ディナーやホテルデートだけがクリスマスではありません。シングル同士とはちがうクリスマスデートは、思い出深いものになり二人の絆をいっそう深めることになります。

その6:オンラインデート

感染症の影響で時代は一気にオンラインに突き進みました。面接やお見合いがオンラインで実施されているのですから、デートでもぜひ活用しましょう。

普段であれば、画面でお互いの顔を見て話しをするのは照れくさいかもしれません。LINEメッセージや、電話での通話が連絡ツールの二人であれば、クリスマスのオンラインデートは特別なものになります。

普段からオンラインデートに抵抗がないカップルなら、クリスマスはいつもとは違う場所でつながったり、彼にお気に入りの風景を見せてあげるなどもおすすめです。

オンライン上で気持ちが高まれば次回のリアルデートがさらに楽しいものになるという特典もあります。

その7:クリスマスは気にしない

日本にクリスマスイベントが定着して長い時間が経ちました。クリスマスといえば、というイベントや情報があちこちで流れています。

情報過多の現代においては、イベント情報などに煽られてしまいがちですが、それに乗る必要はありません。

あなたが彼を愛していて、普段のデートが楽しければクリスマスにわざわざデートをしなくてもOK。クリスマスに彼と会えないことは悲劇ではありません。

クリスマスを気にしすぎないことが、不倫相手とクリスマスを楽しむテクニックであったりします。

わざわざこちらからアクションしないことで彼の方からクリスマスデートを提案してくれることがあります。また、もし彼から何もなかったのであれば、彼はクリスマスを重要だと考えないタイプだと思えばよいでしょう。

 

 

クリスマスデートがしやすい既婚者と難しい既婚者

既婚者と一口にいっても、家庭の様子や夫婦関係はそれぞれ違います。あなたとのクリスマスデートが叶いやすい状況の既婚者と、本当に難しい既婚者がいるということ。

彼の立場や状況から、クリスマスに動きやすいのかどうかを推測しておくことで、彼に配慮した対応ができるでしょう。また、あなた自身の心づもりができるので、必要以上にがっかりしすぎたり、期待することもなくなります。

あなたの恋人が、クリスマスデートがしやすいタイプかどうかについて確認しておきましょう。

 

クリスマスデートが可能な既婚者

クリスマスに不倫相手とデートに出かけやすいタイプとは、まずは時間のしばりのない職業についている男性です。泊まり勤務があったり、時間が不規則な男性はクリスマスにも時間をつくるのが難しくありません。残業や出張、会食が日常に起こる職業についても、同様でクリスマスや休日などに関係なく、自分の時間を融通することが可能です。

子どもがある程度、大きい。妻が働いているなども時間の自由が利くのでイベントには対応することができます。

普段から、集まりごとの幹事を買って出るタイプであったり、家族を伴わない遊びが得意な男性もクリスマスデートが難しくないといえそうです。

普段から時間や曜日を問わず会えている恋人とはクリスマスも自由に会うことが叶うでしょう。

 

クリスマスデートが難しい既婚者

中学生以下の子どものいる家庭ではクリスマスに、何かしらイベントがあることが多く、父親である彼も外出は難しいでしょう。普段の日程であれば、残業など仕事を口実にすることができても、家庭での立場を考えるとこの日は動きにくいというのが既婚男性の本音です。

友達付き合いが得意ではなく、プライベートな集まりに普段から参加しないタイプもクリスマスデートが難しい既婚者。この日だけ、「大学時代の友人と集まる」などは不自然なのでできないでしょう。

あなたに対して誠実な男性は、家庭に対しても責任感を持っています。あなたを愛しているかどうかではなく、責任感と立場からクリスマスに出かけられない既婚者がいると思っておきましょう。

 

 

既婚の彼と楽しいクリスマスにするための準備と心得

既婚者の彼とクリスマスを過ごす。それは特別でわくわくすること間違いありません。

クリスマスをあなたのために準備してくれた彼のために、より楽しくそして安全に過ごすための対応をしておきましょう。

まず、クリスマスデートについてLINEなどで連絡しすぎないこと。不倫を警戒している配偶者であれば、イベントの周辺は特に神経をとがらせてチェックしています。「クリスマス楽しみだね」などリスキーなメッセージは彼のために控えましょう。

クリスマスといえば、特別な場所でのお食事などがメインとなるかもしれません。イベントの日に有名なレストランなどを利用すると人目につきやすいので注意しましょう。できれば、お部屋デートなどで楽しむのが安心です。

クリスマスだから、といってわざわざ特別なことをする必要などありません。二人で過ごせるクリスマスというだけで十分に特別です。彼が時間を作ってくれたことに感謝して楽しい時間を過ごしてください。

 

もし二人のクリスマスが実現しなかったら

恋愛は自分一人の思いでは進みません。クリスマスに一緒にいたい、あなたがそれを強く願っていても叶わないことがあります。

残念ながら既婚者の彼とのクリスマスデートが実現しなかった場合の対策について考えてみます。

考えを切り替える

まずひとつの方法は、あなたが考え方をすっきり切り替えるということです。人間は、自分の心からの欲求だけでなく、周囲から得た情報によって価値観や、目標を作り上げています。恋愛においても同様で、「不倫はしてはいけない」「クリスマスはデートする」などは、本来のあなたの欲求とは違い、何かしらの情報によってそう思い込んでいるだけの可能性があります。

本来、カップルのあり方にルールはありません。極端なことを言えば、3年に1度しか会えず連絡がとれなかったとしてもお互いに愛し合っていると思うのであればそれが真実です。

クリスマスにデートをしてくれないことで、彼の気持ちをはかってはいけません。理想のクリスマスデートがそのまま愛情の強さにつながるというものではないのです。

彼とクリスマスを過ごすのが難しそうなのであれば、考え方をすっきり変えましょう。彼がクリスマスを家族に振当てたからといって、家族の方が大切であるとはいえません。

こだわりすぎないことで、彼との関係がより深まることになります。

別れてもらう

クリスマスやお正月などは家族と過ごすという人が割合的に多いようです。不倫をしている女性の多くはそのあたりを一応は割り切っているでしょう。

しかし、毎年毎年やってくるこれらの日を未来永劫、一人で過ごすということについて疑問を持ったなら。彼をあなたの公式な家族に引き入れるよう策を講じるというのも悪くありません。

彼に離婚して欲しい。そう思うなら別れさせ屋の利用を検討しましょう。

既婚男性に離婚をしてもらうのは簡単ではありません。あなたがいくら彼に働きかけたり対策を練ったところでできることには限りがあります。

彼自身、離婚をしたいと思っていても配偶者に特にこれといった非がないのであれば、それを動かすのが難しいのが通常です。

別れさせ屋とは、あなたと彼が新しいスタートをきって幸せになるためのサポートをするのが仕事です。しっかりと調査を実行しながら話しが進みますので、安心して任せることができます。

これから先、毎年やってくるクリスマスを一人で過ごしたくないと考えるのであれば、略奪愛を目指して別れさせ屋に相談してみるというのがよいでしょう。

 

 

不倫中のクリスマスは決断時!

既婚者の恋人とクリスマスを過ごすための方法、テクニックについて具体的な方法や、そこに至る考え方について解説しました。

クリスマスは愛し合う二人にとってぜひ一緒にすごしたいイベントです。しかし、家庭事情やなにかしらの問題で、当時を一緒に過ごせないのであればクリスマスデートを柔軟にとらえていくことが求められるでしょう。

クリスマスは、日常にはない喜びが得られる日であると同時に、孤独感を味わったり先のことについて考えるチャンスでもあります。

彼と一緒にいることの難しさを感じたのであれば、略奪を考えてみるというのもアリでしょう。

クリスマスは不倫カップルにとって流れを見直す節目です。彼との関係をよりしっかり見つめて今後について対策を講じてください。

不倫成就カテゴリの最新記事