復縁の冷却期間はどのくらい必要?元カノとやり直すための4つポイント

復縁の冷却期間はどのくらい必要?元カノとやり直すための4つポイント

別れた元カノと復縁したいという人は多いでしょう。復縁に関する悩みや疑問はさまざまですが「冷却期間をどれだけ置くべきか」というのも、気になる人が多いはずです。

当記事では、別れのケースごとに適切な冷却期間を紹介しつつ、冷却期間に取るべき行動なども合わせて解説します。この記事を読むと、元カノとの復縁のベストのタイミングを知ることができるでしょう。

「今度こそ元カノに嫌われたくない」「必ずやり直したい」と思っている人は、ぜひ参考にしてください。

 

復縁に冷却期間が必要な理由5つ

別れからお互いにある程度気持ちを落ち着かせるためには、冷静に考えさせる時間(冷却期間)が必要となります。

ここではさらに深掘りし、復縁のために冷却期間が効果的な理由について紹介していきます。

 

お互い感情的な時に深い話は避けた方がいい

感情的になっているとき、人間は適切な判断ができません。

そのため、交際を続けるのか分かれるのかという話を一時の感情で判断をしてしまうと、後々に公開するような結果にもなりうるでしょう。

そのため、お互いの感情を鎮めるための冷却期間が必要となります。

 

一時的な喧嘩なら時間が解決してくれる

一時的に激しく喧嘩した場合も、時間が経てば関係を修復しやすくなるものです。むしろ「雨降って地固まる」ということわざの通り、逆に関係が強まることもあるでしょう。

逆に一時的な喧嘩で冷却期間を置きすぎると、逆に関係が冷え切ってしまうため、早めのタイミングで復縁するべきです。

 

お互いの価値観が変わることも

人と人の価値観が一致するということはありません。交際によって価値観のズレが分かることもあるでしょう。

パートナーと価値観のズレが原因で別れた場合、時間を置くことでお互いの価値観が変わったり、お互いの見方が変わったりもしますよね。

冷却期間を置くことで、お互いの見えていなかった部分が見つかり、復縁につながることもあるでしょう。

 

元カノの良い点も冷静に見られる

一時的に怒ったり嫌いになったりしても、時間を置くことで元カノの良さを、あらためて認識できます。元カノの「ここが好き、ここは直してほしい」ということがハッキリしていれば、復縁した後であなたの気持ちも伝えやすくなるでしょう。

復縁した後の関係をスムーズにするためにも、冷却期間が必要といえます。

 

あなたの良さに気づいてもらえる

冷却期間を置くことで、元カノが交際していた時のことを思い出し、あなたの良さに気づかされることもあるでしょう。傍にいなくなって初めて、大切さに気づくというのはよくある話。

この存在の大切さに気付かせるためにも、ある程度の冷却期間が必要になります。

 

ケース別、復縁で置くべき冷却期間の目安

冷却期間をどのくらい置くべきかは、それぞれの別れ方で異なります。ここでは、ケース別に適切な冷却期間の目安を解説します。

 

1週間:別れた後も連絡がある場合

別れた後も元カノから連絡が来ているなら、1週間程度で復縁しましょう。元カノは高確率であなたに好意を持っているはずです。

あなたの側でよほど許せないことがあれば別です。しかし、元カノに対する愛情がある程度残っているなら、1週間程度で復縁してもいいでしょう。

逆に1週間を過ぎると、元カノにとってあなたは「ストレスが溜まる存在」となり、嫌われてしまうリスクもあります。1週間程度で早めに復縁するようにしましょう。

 

2週間:一時的な喧嘩・口論の場合

一時的な喧嘩や口論で別れただけなら、2週間程度で復縁を試みましょう。頭を冷やすには十分な期間だからです。

別れた時点で元カノが相当怒っていた場合でも、2週間経てば許してくれることが多いものです。少なくとも話くらいは聞いてもらえるでしょう。

 

1カ月:浮気が原因で別れた場合

浮気が原因で別れた場合、少なくとも1カ月は冷却期間を置くべきです。浮気をしたのがあなたでも元カノでも同じです。

たとえばあなたが浮気をして彼女に発覚した場合、反省してすぐに浮気相手と別れることは大事です。1カ月と言わず、すぐに別れるべきでしょう。

しかし、浮気相手と別れたからすぐに復縁しようというのは、元カノの立場からすれば虫のいい話。反省を見せるためにも、1カ月は冷却期間を置きましょう。

 

半年:人生観・結婚観のズレの場合

人生観や結婚感がズレていて別れた場合、最短でも半年は冷却期間を置くべきです。根本的な考え方が変わるまでには、短くとも半年はかかります。

元カノの考えが数カ月で変わったと言われても、信じるまでには少し時間を置くべきでしょう。逆にあなたが数カ月で変わったと言っても、元カノはすぐに信用しないでしょう。

どちらが歩み寄る場合でも、やはり半年は必要といえます。

 

復縁の冷却期間中にやるべきことチェックリスト

冷却期間には何か復縁のために行動できることをしたいが、何をやるべきかはぼんやりしがち。復縁前の冷却期間にやるべきことのチェックリストを紹介していきます。

 

別れの原因になった自分の欠点を改善する

別れの原因となったあなたの欠点がわかっている場合、まず欠点の改善に励みましょう。改善の成果を示すことは難しいですが、少なくとも復縁の可能性は高くなります。

欠点の改善は復縁には効果的。また、元カノにとって「私のために努力をしてくれた」という事実は少なからず良い印象を与えますよね

その誠意が伝わることで、復縁の確率が大きく高まります。

 

内面・外見ともにプラス要素を増やす

マイナス要素を潰すだけではなく、プラス要素も増やしていきましょう。

女性がどのあたりをプラスに感じるかは人によって異なります。しかし、一般論として内面・外見ともに改善していけば、あなたは元カノ以外の女性にとっても魅力的になるでしょう。

万が一元カノとの復縁ができなくても、いい出会いが見つかりやすくなりますよね。

 

共通の友達と会う

元カノとあなたに共通の友達がいれば、頻繁に会っておきましょう。友人たちが復縁のキューピッドになってくれることも多いためです。

また、直接関係を取り持ってもらえるだけではありません。友人たちから元カノの近況などの情報を集めることもできます。

これにより、自力で復縁する場合でも、元カノの情報を知った上でベストのアプローチをしやすくなるのです。

 

元カノのSNSがあれば近況をチェック

元カノのSNSで近況をチェックするのも重要です。もちろん、元カノからストーカーと思われるような目立つアクションは避けましょう。

元カノも復縁したいと思っている場合、SNSでもさりげなく意思が見え隠れするもの。元カノの復縁の意思を感じられた段階でアプローチすれば、成功の確率は飛躍的に高まります。

 

他の女子と二人きりでは会わない

元カノと本気でやり直したいなら、他の女子と会うべきではありません。グループならまだしも、二人きりで会うのは厳禁です。

元カノの側が復縁を考えてくれたとしても、他の女子と二人で会っていた事実を知ったら、あなたの誠意を疑うでしょう。あなたが潔白を主張しても、信じてもらえるとは限りません。

誠意があるなら、紛らわしい行為自体を最初から控えるべきです。

 

復縁してどうしたいのかも明確にしておく

復縁した後も彼女と長く幸せに付き合いたいなら、交際の末に具体的にどうしたいのかも考えておきましょう。これは復縁の話をするときも、彼女の側が話題に上げる可能性が高いものです。

「私とまた付き合って、その後どうしたいの?」ということですね。もちろん将来のことなど分からないでしょうが、自分の意思表示は明確にしておくことで復縁の成否が決まることもあるでしょう。

 

復縁の冷却期間中にやってはいけないNGな行動3つ

冷却期間中に「やってはいけない」という行動パターンも多くあります。中でも代表的なNG行動を3つ紹介しましょう。

 

返事がないのに連絡をとる

元カノからの返事がないなら、返事が来るまで待つべきです。

冷却期間中に気まずくさせるような無用な連絡は、さらに彼女を遠ざけさせる行為になりかねません。

待つことであなたの反省の意思が伝わったり、彼女の頭が冷えて、あなたの良さをあらためて確認してくれたりすることも多くあります。

 

いきなり復縁などの重い話をする

元カノと連絡がとれる程度まで関係が回復したとしましょう。しかし、いきなり復縁などの重い話をするのは避けるべきです。

元カノの近況を聞く、相談に乗るなど、あくまで元カノが求めている会話に終始しましょう。あなたとの会話やLINEをしていて気持ちがいいと元カノが感じてくれれば、重い話をしなくても自然と復縁に至ります。

 

SNSでやたらに絡む

元カノがSNSを使用していても、そこで必要以上に絡むのはNG。元カノは他の友人知人と関わるために利用している可能性が高いでしょう。

元カノの方で復縁したいと思っていれば、あなたから絡みに行かなくても、SNS上で何らかのサインを発するはずです。元カノがサインを発したときだけ、SNSで絡むようにしましょう。

 

冷却期間中が明けて見せるべき変化や行動

冷却期間が明けて「アプローチしても大丈夫」という状態になっても、焦りは禁物です。

別れの原因になった悪い部分を直したという変化や、さらに自分を改善しているという行動を見せるようにしましょう。

このような変化や行動は、復縁のためになるだけでなく、あなた自身の人生を充実させることにもつながりやすいものです。

人生自体が好転している間に、自然に復縁も成功しやすくなるでしょう。

 

復縁の冷却期間の置き方はプロに相談するのもおすすめ!

冷却期間の置き方も含めて、復縁のやり方で迷ったらプロに相談するのもいいでしょう。復縁のプロである「復縁屋」は、恋愛に関する人間心理を完璧に理解しており、的確なアドバイスをしてくれます。

復縁屋の中でも特に評判のいい10社は、下の記事で紹介しています。復縁屋の選び方も含めて、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

復縁屋の口コミ評判おすすめ比較10選【復縁工作の値段料金比較表付き】

復縁したいカテゴリの最新記事