離婚させる呪い集。絶対に離婚させたい人だけ見て【要覚悟】

離婚させる呪い集。絶対に離婚させたい人だけ見て【要覚悟】

奥さんの潜在意識に働く離婚させる呪い

この呪いは奥さんの潜在意識に働きかけて自然と離婚をさせる呪いです。必要なものは、

  • あなたの髪の毛数本(その場で抜いたもの)
  • 奥さんの写真
  • 釘1本
  • 封筒

呪うタイミングは満月の夜の午前0時です。それまでは心穏やかに過ごしておくことが呪いの秘訣です。

0時を迎えたら奥さんの写真の上にあなたの髪の毛を数本を置いておきます。そして写真の真ん中に釘を刺します。釘を刺したらその釘にあなたの髪の毛を巻き付けて下さい。

巻き付けたら写真ごと小さく折りたたんで、準備した封筒の中へしまいます。

そして絶対に誰にも見られないあなたの部屋のどこかにしまっておくことで、奥さんの心が彼から自然と離れ離婚、あなたのものだけの彼になります。

血を使った絶対離婚させる呪い

髪の毛ではなくあなた自身の血液を使うため、もっと効力の高い離婚させる呪いになります。準備するものは、

  • あなたの血液
  • 黄色で固い和紙

まず、黄色の和紙に彼の名前と離婚させる奥さんの名前を血液で書きます。血液で書くと所謂呪符になり、効力を高めるためにも3日ほど涼しいところで保管をしておきます。

3日経ったら、呪符をじっくり煮詰めて捨てます。この方法は陰陽師でも使われていて、血液で書くと呪いの力が強くなるといわれています。もし何かしら紙で書いて呪いをするのであれば、血液で書くとよいでしょう。

式神を使った離婚させる呪い

式神って知っていますか?式神は人の分身として扱われており、式神を使うことで間接的に奥さんへ作用させることが出来ます。準備するものは、白い紙だけ。手が繋がれた状態の人型に切り抜いてください。

人型に切り抜いたら、何でもいいので人には言えないような離婚させる怨念を口に出してその式神をビリビリに破いてください。そうすることで怨念、式神を通して奥さんと彼を離婚させることが出来ます。強制的に縁を切らせるための呪いです。

離婚させる呪いを詰めた生霊を送る

生霊はあなたの想いが独立した存在です。生霊を飛ばすにはとにかく自分の中に彼と奥さんを離婚させる、という思いを極限にまで高め、毎日離婚をしろと念じる。実際に奥さんが体調がよくなくなったり、お祓いでもした方がいいんじゃないか、実際に神社に行き始めているとなったら効いてる証拠。もっと念を入れて離婚させる生霊を飛ばしていきましょう。

離婚させる護符を使う

呪いをかけようにもどうしても自分の力、運命をかけて呪いをかけるわけなので、自分の運が犠牲になってしまう可能性があります。

そこで、離婚・別れさせる護符を使うことで、彼の心と奥さんの心に離婚させる作用を働きかけるだけでなくて、あなたの隠し持っている運を導き出すことが出来ます。陰陽道の力がこもっているので、強力な効果を得ることが出来るかも。



かなえやの護符

離婚させる呪いの心構え

呪いをかけるための心構えは、優しさを捨て、モラルを捨て、ひたすら離婚させるという怨念を持っておくこと。呪いはいわば悪魔との契約。悪魔は人の怨念を好みます。

逆に言えばそれほどの決意が固まっていなければ離婚の呪いなんてしない方がよいです。結局はそれほどの想いなのです。それでも本気で離婚させたいのであれば呪いもしつつ、実際に他の離婚させる方法離婚させる強力なおまじないも試してみてはいかがでしょうか。

離婚させるカテゴリの最新記事