元恋人との復縁を進めてもいいタイミングはいつ?成功率が高いタイミングとNGタイミング

元恋人との復縁を進めてもいいタイミングはいつ?成功率が高いタイミングとNGタイミング

元恋人との復縁を進めてもいいタイミングはいつ?成功率が高いタイミングとNGタイミング

「元彼と復縁したいけど、連絡してもいいタイミングがわからない・・」

「元カノと復縁しやすい告白タイミングはいつなんだろう?」

と復縁でお悩みの人はとても多いです。

復縁の連絡・告白をするタイミングは、「冷却期間が終わっている」「別れの原因が改善できている」ことが大前提です。

これができていないと復縁が失敗してしまうどころか、相手に悪いイメージを持たれ復縁の可能性がぐんと下がってしまうからです。

そこでこの記事では、復縁連絡を進めてもいいタイミングや成功率が高いタイミング、告白を切り出すタイミングなど段階的に紹介しています。

早く復縁をしたいという気持ちが強いと思いますが、復縁確率を高めるためにもこの記事を参考に、適切なタイミングで連絡・告白ができるように役立ててください。

当サイトおすすめの復縁屋

復縁屋 M&M
  • 業界最大手の復縁屋 (実働回数型)
  • 業界でも低水準の料金設定
  • お試しプラン、返金制度ありで安心

匿名OK・オンライン依頼も可能!

復縁連絡を進めても良いタイミング

復縁の連絡をしてもいいタイミングは、別れに至った状況や別れた理由などによって人それぞれですが、最低限復縁の連絡をするにあたっての条件があります。

この条件を満たしていないと、たとえ復縁をすすめようとしても上手くいく可能性は限りなく低いでしょう。

これからご紹介する条件を知って、自分が復縁の連絡に進んでもいいタイミングなのかチェックしてみてください。

冷却期間が終わっている

復縁の連絡をしてもいいタイミングは、冷却期間が終わっているのが第一の条件です。

冷却期間というのは、別れた後に相手と会ったり連絡を一切とらない期間のこと。

冷却期間を経ていないと、別れた後で元恋人の気持ちが変わっていない可能性が高いためです。

復縁の連絡に必要な冷却期間は、別れた状況やどちらから別れを切り出したかによって異なります。

たとえば、自分がフラれた場合、相手は何かしら自分に不満があって別れを切り出した可能性が高いため、最低でも2~3か月の冷却期間が必要です。

恋人と喧嘩別れしてしまったときは、お互い冷静になれば「別れるほどの喧嘩じゃなかったかな?」と思うことも多いため、頭が冷えるまでの1~2週間が冷却期間として適当です。

自分からフッて別れた方は、相手はまだ自分の気持ちに整理がつかず、すぐに諦めきれない可能性が高いため、なるべく早いタイミングで復縁を切り出した方がよいでしょう。

このように、別れた状況などによって必要な冷却期間が変わってきます。

自分はどのケースに当てはまるのか確認して、十分な冷却期間を置いてから相手に復縁の連絡をするようにしましょう。

別れの原因が改善できている

自分が原因で別れてしまった場合、別れの原因が改善できていなければ連絡を取っても復縁は難しいでしょう。

別れの原因が改善できていないと、「やっぱり変わっていない」と相手に思われ、復縁してもいいという気持ちになる可能性が低いからです。

たとえば、あなたの束縛が激しすぎて、相手がうんざりしてしまい、そのことが原因で別れを切り出されたとしましょう。

万が一復縁できたとしても、あなたの束縛の激しさが治らない限り、遅かれ早かれ相手はまた「一日何度も連絡を強要する」「会っていない間の行動を根掘り葉掘り聞きたがる」などが嫌になり、別れを考えるようになってしまいます。

このようび、自分が原因で別れてしまったケースでは、別れの原因が改善できていることが必須です。

以上の2つの条件がクリアできていたら、復縁の連絡を進めてもいタイミングとなります。

次の項では、復縁の確率が高まるタイミングについて紹介していきます。

復縁の成功率が高いタイミング

復縁の成功率を上げるには、別れた後のファーストコンタクトや、復縁の告白に適したタイミングがあります。

上であげた条件がクリア出来たら、具体的な連絡や告白のタイミングについて考えていきましょう。

新しい恋人と別れたとき

元カレや元カノが新しい恋人と別れたときが、復縁の成功率が高まるタイミングです。

なぜなら、恋人と別れて一人寂しくなってる状況で、あなたのことを思い出しやすいからです。

元恋人が新しい相手と上手くいっていないという情報が入ったら、復縁の連絡をするタイミング。

新しい相手との関係についてあなたに相談してきたら、十分に元恋人の見方になって話を聞いてあげましょう。

相談相手になるうちにあなたの良さを再認識して、復縁できる可能性が高まります。

また、元恋人が新しい相手とすでに別れた後は、復縁を告白するタイミングかもしれません。

恋人と別れた直後は、誰でも寂しいもの。

その心の隙間に上手に入り込めれば、復縁できる可能性がグッと高まるでしょう。

一度別の人と付き合ったことで、あなたに対するネガティブな感情は薄まっている可能性が高いです。

新しい恋人と別れそうなときや別れたタイミングは、あなたにとって復縁のチャンスになるでしょう。

誕生日などイベントのとき

元恋人の誕生日といったイベントのときも、復縁の成功率が高まるタイミングです。

「誕生日おめでとう」などの連絡がしやすく、付き合っていたころの楽しかったイベントの思い出を思い出しやすくなるからです。

もしも、復縁の連絡をするタイミングに悩んでいたら、思い切って誕生日LINEを入れてみましょう。

誕生日LINEを入れるのは、誕生日当日の夜が効果的です。

本当なら誕生日になったすぐの午前0時に送りたいところですが、「まっていました!」という気合が感じられてしまい、別れた相手からの連絡としてはかなり重く感じてしまうからです。

誕生日当日の仕事が終わり家に帰って一息ついたタイミングなら、元恋人も「覚えていてくれたんだ」という気持ちになることがあります。

復縁の告白をするタイミングも、誕生日などイベントのときがおすすめです。

告白の時は直接会うか電話で、「そういえば去年の誕生日のときは、こんなお祝いしたね」などと付き合っていたころの思い出を語ってみるのも効果的です。

相手もそのころの楽しかった気持ちを思い出し、あなたに対してポジティブな感情を持ってくれるでしょう。

「来年はまた一緒にお祝いしたい」と復縁の気持ちを伝えるいいタイミングになるはずです。

友人に私の情報を聞いていたとき

元恋人が共通の友人などにあなたの情報を聞いていたときも、復縁の可能性が高まるタイミングです。

あなたの情報を他の人に聞いているということは、別れた後もあなたのことが気になっている証拠と考えられるからです。

「今元気かな?」「仕事は忙しいのかな?」と友人に聞いているときは、あなたのことを思い出し、懐かしく感じている証拠です。

さらに、「もう新しい恋人がいるの?」などと聞いていたら、新しい相手がいてほしくないという気持ちの表れかもしれません。

どちらにしても、あなたのことを気になっている証拠ですので、復縁の可能性は高くなるでしょう。

参考:元カレとの復縁の可能性を30秒で簡単診断!復縁可能性が高くなる条件とは?

 

こちらでは、復縁の可能性が高くなるタイミングについて紹介してきました。

最後の項目で解説した通り、元恋人を思い出すことが多ければ多いほど、復縁が成功する可能性が高まります。

そこで、元恋人がどんな時に元カレ・元カノのことを思い出すかについて、以下で詳しく見ていきましょう。

 

元恋人が元カノ・元カレを思い出す瞬間

元恋人が元カノや元カレを思い出す瞬間には、次のような状況が当てはまります。

これは復縁しやすいタイミングでもあるので、復縁したい方は覚えておきましょう。

・自分に新しい恋人ができないとき

・精神的に弱ったとき

・あなたに新しい恋人ができた(できそう)と知ったとき

これらが元カレや元カノのことを思い出す瞬間です。

では、復縁の告白を切り出すタイミングはどんなときなのでしょうか?

相手の行動や兆候から、復縁の告白のタイミングを見極めていきましょう。

復縁の兆候!復縁の告白を切り出すタイミング

復縁の告白を切り出すタイミングは、次で説明するような兆候が見られたときです。

元恋人の行動から相手の心理を読み取り、復縁の可能性が高いかを判断して、実際の行動に移せるようにしましょう。

相手から連絡がくるようになった

元恋人から連絡がくるようになったということは、相手が復縁を意識しているサインであり、告白を切り出すタイミングでもあります。

あなたへ連絡をするということは、あなたへの関心や好意が高まっている証拠。

関心がない人へは、自分から積極的に連絡を取ろうとはしないはずです。

特に、「最近どう?」や「何かいいことあった?」などといった、あなたの近況を気にするような連絡は、あなたに気になる人や新しい恋人ができたかどうか探っている可能性が高いでしょう。

相手から自分の近況を気にするような連絡がくるようになったら、復縁の告白を切り出すいいタイミングかもしれません。

相手からの返信が早くなった

「相手からの返信が何だか早くなった…」と感じられたら復縁の告白をする時期に近づいています。

返信が早くなったということは、あなたのことが気になり、好意の気持ちが高まった証拠。

逆に興味がない人には返信が遅くても気にならなかったり、そもそも返事をするのを忘れる可能性もあります。

LINEをすると即レスで返事が返ってきたり、電話をするとすぐ折り返しでかかってくるときは、あなたからの連絡をいつも気にしているという現れです。

これなら復縁の告白をしても、OKがもらえる可能性が高いでしょう。

会って遊ぶような関係に戻った

直接会って遊ぶような関係になれれば、復縁の告白をしても大丈夫かもしれません。

誘われて一度や二度ならいざしらず、どちらともなく誘い合って遊ぶような関係になるということは、相手に対して好意がなければできません。

「来週は何してる?」「良かったら〇〇行かない?」といった連絡が頻繁に入りだしたら、あなたのことが気になる、あなたと一緒に居たいと思っているサインです。

復縁の告白をすれば、また付き合える可能性は高いでしょう。

付き合ってた頃の話を出してくるようになった

あなたと付き合っていたころのことを頻繁に話題に出すようになったら、復縁を意識しているサインと思われ、告白を切り出すタイミングです。

付き合っている頃の話をするということは、交際時のことを客観的に見れるようになった証拠。

特に「あの時あそこに行って楽しかったね」といった話や、「あなたと付き合えてたことであんないいことがあった」などポジティブな思い出話をしてくるときは、あなたとの復縁について前向きに考えている可能性が高いと言えます。

このサインをしっかりキャッチして、復縁の告白へとつなげましょう。

復縁連絡がNGなタイミング

次に、復縁の連絡をしてはいけないタイミングについて紹介していきます。

復縁が失敗に終わらないように、これから紹介するタイミングでは告白を控えましょう。

相手の仕事が忙しいなど精神的な余裕がない

相手の仕事が忙しかったり、プライベートでバタバタしているときは復縁の告白をすべきではありません。

そのようなときに告白をしても、復縁を考える余裕がないからです。

たとえば、元カレの仕事が忙しい時期で、毎日夜遅くまで家に帰れない状態が続くときに復縁の告白をしても、「今はそれどころじゃない」と断られる確率が高いです。

復縁の告白をするときは、必ず相手の精神的な余裕が持てるようになるまで待つことが告白を成功させる秘訣です。

現在の恋人と関係がうまくいっている

今付き合っている恋人との関係がラブラブなときも、復縁の告白をしてもうまくいきません。

断られるばかりか、「なんで別れても連絡してくるんだ」と嫌がられる可能性大です。

新しい恋人と付き合いはじめのタイミングで、元カレや元カノから復縁の告白をされても「まだあきらめてなかったんだ。今の恋人に誤解されたくないから連絡しないで欲しい」と言われるのがオチです。

まだ告白の時期ではないと考え、このタイミングで復縁のことを話すのは諦めましょう。

ここまでは、復縁の告白のタイミングについて解説してきました。

ここからは、具体的な復縁の連絡の仕方について触れていきます。

復縁の連絡の仕方

メールやLINEで復縁の連絡や告白をするときは、次のような言葉や方法でするのが効果的です。

上で紹介したような告白のタイミングになったら、実際に連絡を取って告白へと進んでいきましょう。

復縁を進める際の連絡の仕方

復縁の告白をするにはまず、元カレや元カノと連絡を取らなければなりません。

適切な冷却期間を置いた後で、相手の誕生日のタイミングや、相手が新しい相手と別れたと知ったら連絡を取り始めましょう。

もし、元恋人の誕生日だった場合は「今日は誕生日だったね、おめでとう!」との一言から入れてみましょう。

相手から返信があったら、「そういえば前に行ったあのお店、何て名前だっけ?」など相手が答えやすいことを短文で送るのがポイント。

後日「そういえばあの時教えてもらったお店に行けたよ、ありがとう」と、報告と感謝の気持ちを伝えましょう。

このとき注意すべきなのは、あえて恋人感を出さないこと。

あまり付き合っていたころのような馴れ馴れしさを出すと、警戒心を抱かせてしまい、復縁したいと思わせる前に避けられてしまう可能性も。

あくまで「自然に」を心がけて、徐々にメールやLINEをするのが当たり前の関係になるのが、復縁のための連絡の秘訣です。

復縁の告白の仕方

相手から頻繁に連絡が来るようになったり、付き合っていた頃のことをよく話すようになったら告白のタイミングです。

告白はなるべく顔を合わせてするのが一番です。

LINEやメールでは、直接相手と接しない気軽さや断られても傷つかなくて済むというメリットがある一方で、本気の想いが伝わりにくくどうしても軽く感じられてしまいます。

とはいえ、事情があってどうしてもメールやLINEで気持ちを伝えなければならないときもあるでしょう。

そんなときにはまず「聞いてほしいことがあるんだけど」と、相手が自分の気持ちを受け止めてくれるような状況なのか確認してからにしましょう。

その後で、別れに至ったことについて謝りましょう。

「付き合っていたころはいつも私が〇〇だったから、あなたを苦しめていたと気づいたんだ。本当にごめんね」

そして、「別れたことをずっと後悔しているんだ、もう一度チャンスをくれないかな?」と復縁したいことを伝えましょう。

相手が男性の場合、あいまいな言葉で伝えても気持ちを分かってくれないことがあります。

復縁したいと告白するときは、はっきりと相手に分かりやすく伝えるのがポイントです。

最後に、この告白が独りよがりにならないよう、相手の気持ちを確かめてください。

「私は〇〇と復縁したいと思っているんだけど、あなたはどう思ってる?」

ここまで言えば、あなたが復縁したいことが相手にもしっかりと伝わり、自分も何かしらの答えを出さなければならないと分かるでしょう。

復縁のタイミングを逃してしまった人のきかっけづくり

復縁のタイミングを逃してしまった方のために、こちらでは告白のきっかけづくりを紹介していきます。

告白できずに完全に友達関係になった方や、間違ったアプローチの仕方でセフレになってしまった方は参考にしましょう。

復縁のタイミングを逃した場合はイメチェンがおすすめ。

前と雰囲気をガラッと変えると「何か心境の変化があったのでは?」と気になるはずです。

ほかにも、新しい恋人の影をちらつかせるのも、相手にやきもちを焼かせたり「誰かにとられるのでは」と焦らせるのに有効です。

共通の友人がいる場合は、その友達に後押しをお願いするのもいいでしょう。

復縁のタイミングを逃してしまった人も、上で紹介したようなきっかけづくりを試して、また復縁できるようなチャンスに結び付けましょう。

参考:元彼が復縁したくなるきっかけ8選!よりを戻すためのきっかけ作りの方法と注意点

まとめ

復縁のタイミングについて紹介してきました。

復縁の連絡をしても良いタイミングは以下の状況です。

  • 冷却期間が終わっている
  • 別れの原因が改善できている

さらに、復縁の連絡や告白の成功率が高いタイミングは以下の状況でした。

  • 新しい恋人と別れたとき
  • 誕生日などイベントのとき
  • 友人に私の情報を聞いていたとき

また、復縁の告白を切り出すタイミングは以下の状況です。

  • 相手から連絡がくるようになった
  • 相手からの返信が早くなった
  • 会って遊ぶような関係に戻った
  • 付き合ってた頃の話を出してくるようになった

以上のタイミングを参考に、自分の状況にあった復縁を進めてみてください。

復縁カテゴリの最新記事