既婚者同士の好意サイン!職場でバレずに確認する方法が知りたい

既婚者同士の好意サイン!職場でバレずに確認する方法が知りたい

自分は既婚者、そして気になるあの人も既婚者。職場でざわざわ気になる恋が芽生えることがあります。

男と女が揃えば惹かれ合うのが自然。既婚者同士だって、好きになるのは普通のことです。とはいえお互いが既婚者の場合、職場で不倫が噂されるのはよくないのであからさまにアプローチができず悶々と思い悩むことも。

この記事では職場での既婚者男性の好意のサインや、両想いの既婚者達の特徴について解説します。

 

 
この記事を読む前に

あなたの恋を成就させる
プロの別れさせ屋を紹介します!

・彼と復縁出来ない
・好きな人に彼女がいる
・好きな人に奥さんがいる
・既読無視もしくは未読無視
・LINEブロックされている
・不倫関係の終わりが見えない
・奥さんと別れてくれない
・都合のいい女をやめたい
・絶対あきらめたくない人がいる
 
これらの悩み、まずはプロの別れさせ屋に相談してみませんか?
あなたの不可能が可能になるかもしれません。

▼別れさせ屋M&Mへ無料相談はこちら▼

 ※24時間受付中です
※20歳以上の方限定となっています

既婚者同士が惹かれ合う理由は

既婚者が既婚者に魅力を感じるとき、シングル時代とは違う視点で惹かれていることがあります。

結婚しているからこそわかる相手の魅力や、既婚者ならではの美点はシングルだったときには気付かなかったもの。

既婚者が既婚者に惹かれる理由についてみていきます。

 

ステージが同じだから

結婚前と後ではあらゆる局面で物事に対する視点が変わってきたりします。結婚前は自分のやりたいことが何より優先だったのが、相手に譲りながら交渉する術を覚えるかもしれません。

結婚前は運命のようなものを信じていたけれど、結婚してからはそれよりも日常の努力の方が大切であるとしみじみ思い知ることもあります。

既婚者になってシングルの異性を見ると、自分が失いつつある何かを持つ彼にふと惹かれることがある一方で、ギャップに壁を感じることもあります。

その点、既婚者同士であれば状況や心情が近いため共感しやすく仲良くなりやすいということがあります。

 

配偶者にはない魅力

シングルだった頃は、自分に合うたった一人の人を探すわけですが、そこに比較対象がありません。自分の気持ちを基準に相手探しに専念します。

結婚してから後は、配偶者がその基準になりそれよりも魅力的な男性や、配偶者にはない魅力を持つ人が気になったりします。既婚者だからわかる異性の魅力は、スペックや年齢を超えて本来の好みに基づくことが多いよう。

既婚者同士はお互いそれがわかっているため、素直に惹かれていくことがあります。配偶者には配偶者の魅力があるのですが、自分の配偶者が、「こんな風であればよいな」と思うものを職場の既婚男性の中に発見したとき心がときめきます。

相手がシングル男性であれば「彼も結婚すれば変わるのかな」と感じる程度ですが、結婚してもその魅力を維持している既婚男性がいれば、目が離せなくなってしまったりするものです。

また、配偶者とは根本的に全く異なるタイプの既婚男性にときめいたときも恋のスタート。優しいけれど男らしさにかける配偶者に対して、ワイルドで男っぽい男性。大らかだけど細かな配慮が苦手な配偶者に対して、気持ちを組んでくれる男性など。

配偶者にないものを求める同士、二人ともが既婚者であるがゆえに惹かれ合いやすいといえます。

 

気を許しているから

既婚者同士の気安さというのも、惹かれ合う理由のひとつです。既婚未婚に関係なく、「いいな」と感じる異性がいるのは普通のことですが、既婚者がシングル異性に恋をすると、実際にコトを起こさなくても何かと面倒がおこりがち。

その点、お互いが既婚者であれば、寸止めラインも理解しあっているため、とにかくラクです。万一、調子に乗りすぎてしまった場合も、忘れた振りで上手にやり過ごしてくれるのが既婚者の大らかさです。

何かの拍子に一線を超えるようなことがあっても、お互いが既婚者であればそれから先について、「これきりにして忘れる」「関係を深める」など、いくつかの選択肢を二人で提案し合うことができるでしょう。

既婚同士、既婚ならではの面倒なことがあることも理解できるし、ときには羽目を外したくなる気持ちもわかるよね、そんな仲間のような気楽さから既婚者同士は惹かれやすいといえます。

 

既婚者ならではの恋愛観が共有できる

シングル男女が思い浮かべる恋。それは多少の個人差はあれどそう違うものではありません。出会い、惹かれ合い、両想い、交際、深い関係、ときに結婚。そんな、男女の流れを思い浮かべるのが通常です。

既婚者になれば、交際すること、肉体関係を持つこと、周囲に彼が恋人であると発表することだけが恋であるとは考えません。

相手をときどき思い浮かべるだけの恋もあれば、良い友人として適度な関係を守りながら仲良くいるのだって恋の形です。もちろん、深い仲になるのもアリですが、恋の形はひとつではないと考えていることには変わりありません。

既婚者同士であれば、そんな気持ちを理解してもらいやすく、お互いにとって都合のよい状態をキープするのがスムーズです。

そのことがわかっているため、既婚者同士はそれぞれの形で自然に惹かれていきます。

 

 ⇒既婚者同士のキスやハグは許される?ダブル不倫のきっかけは軽いキスから

 

既婚者同士の好意のサインはコレ!職場でチェック

好きになれば、相手の気持ちが気になります。同じ職場の既婚の彼がどう思っているのかアンテナを張り巡らせてしっかりチェックしましょう。

既婚男性が好意のある既婚女性に見せるサインについて解説します。

 

配慮がある

既婚者には既婚者ならではの背負い事があります。子どもの急な体調不良や、マンションの防火設備の点検で遅刻早退を余儀なくされることがあります。夏休みを自由にとれる社風の中、家事都合でお盆に休みをとる必要があることも。

周囲は既婚者であるあなたにある程度、理解を示してはくれますが、どこかで「とは言え仕事を優先させろ」という気持ちがないとはいえません。

そんな中、嫌な顔せず対応してくれ、場合によっては既婚男性の方から「休みをかわろうか」など配慮をしてくるようであれば、あなたを気にしている証拠です。

男性は好きな人の助けになりたいと思っていますので、余計な詮索はしないけれど、上手に配慮しているようであれば脈アリの可能性が大いにあります。

 

頼られる

既婚男性はシングル男性より甘え上手であることが多いようです。女性を甘やかし頼られるのも男性の醍醐味ではありますが、好きな相手には甘えてみたいと思っているものです。

ちょっとした仕事や、用事を既婚男性からちょこちょこ頼まれるようであれば脈ありかもしれません。

ある程度の年齢に達した男性にとって仕事とは彼そのものです。仕事を共有しようとしたり手を借りようとするのは本当に信頼している相手のみ。この女性ならきちんと自分の思う仕事をしてくれると思うのは、好きという気持ちとイコールです。

 

家庭のニオイをさせない

「これ娘の写真」「昨日は遅くなって嫁さんにさんざん文句言われたよ」こんな既婚男性の発言には、ちょっとげんなりさせられたりします。考えようによっては、心を開いている証拠なのかもしれませんが。

その場に気になる女性がいたなら、既婚男性は先のような言動は慎みます。意味なく家族の写真を見せたり、家庭事情を垂れ流しにしたりして家庭のニオイをふりまくことはせず、外向きの顔でいるでしょう。

ある一線を超えれば、素の自分を見せることが愛情表現の一つになりえますが既婚者同士の場合、まずはきちんと線引きするのが好意のサイン。

複数の人がいる中で、「ありのままの俺」をさらすのではなく、節度を持って接してこられるようであれば、彼があなたのことを意識している可能性があります。

 

いつの間にか近くに

動物の本能として嫌いな人の傍には近づきたくないものです。席割りの決められたミーティングなどでない限り自ら嫌いな相手に近づこうとは考えません。反対に、好きな人に対しては自然と寄っていってしまうのがこれまた本能。必要なときはもちろん、大した用事がなくてもふと近くにいてしまったりします。

既婚者は、よほどの遊び人を除いて、ちょっとした恋心の時点では、不倫にまで発展させようと野望を抱いていることはありません。従って、シングル男性のように気に入れば即、二人きりのデートに誘ったりはしません。代わりにまるでティーンエイジャーのように、好きな人のそばに静かにすりより様子を眺めたりするのです。

コーヒーサーバーの近くでよく遭遇する。宴会のときなど席が近いことが多い。そんな行動があれば彼はあなたを気にしているのかもしれません。

 

何かと話しかけられる

わざわざ話しかけてくるというのは好きだからです。近くの席で別の人と話していた彼が、話しの途中で「君はこういうのをどう思う?」と話しかけてきたり、離れた場所から「それとって」とわざわざ声をかけてきたり。好きな人と話しがしたいという気持ちと、好きな人が自分に反応してくれるかどうかを既婚男性は試しているのです。

あなたから、輪にいなかった彼にむかって突然に話しを振った場合はどうでしょうか。手をとめて対応してくれるようであれば、嫌われていないはずです。そこに笑顔がプラスされていたなら、脈ありの可能性も十分アリです。

 

相手に脈ありなのは分かっているものの、何もしてくれない…という悩みがある場合は、以下の記事も確認してみましょう

 ⇒既婚者同士で好意があるのに何もしない理由とは?プラトニックな関係の上手な進め方

 

既婚者同士の好意のある雰囲気と様子

ふとした二人の様子に「この二人は両想いだな」と気付くことがあります。心が通じている二人にはある共通の雰囲気が出てきてしまうもの。

両想いの既婚者たちからこぼれる雰囲気や様子についてみていきます。

 

違和感のない雰囲気

既婚者の多くは、シングルに比べて他人との垣根を低く設定しているようです。それを親しみやすいと感じたり、落ち着いていると表現することがあるでしょう。とはいえ、異性に対してはある程度、距離感を持っていることが多くソフトな壁を作っています。

両想いの既婚者二人の間の空気には違和感がありません。ぎこちなさや、壁のようなものが感じられず自然です。必要以上の気遣いはしていないのに、お互いを尊重しているような様子が見て取れればその二人は両想いといえそう。

無駄のないタイミングで会話をしながら、ときどき笑いを交わしているようであれば二人の気持ちがリンクしていると周囲は感じます。

 

目が合う

「相手の目をみてお話しなさい」というのは子どもの話しで、大人になると日常会話でじっと相手の目を覗き込むことはまれです。礼儀としてちらりと目を合わすことがあっても、じっと見るということはしません。

好きな相手には、自然と目がいくもので、それが両想いであればお互いのことでふと目があったりします。そんなときしっかり見つめ合えるのは、気持ちが通い合っているから。覗き込むように視線を交わす二人は両想いです。

二人の目線が絡み合っているのは他人からみてもよくわかります。

 

相手のことをよく知っている

周りにいる人の情報を詳しく覚えているタイプの人がたまにいますが、大抵の人は他人の情報をそんなによくは覚えていません。特に忙しい社会人であれば、「そういえば聞いたかも」という認識があればまだマシなほうというくらいです。

しかしながら、好きな人に関してはその情報をしっかりインプットしていたりするもの。両想いの二人はお互いの情報をしっかり覚えています。

出身地や趣味に関することという内容もそうですが、外出先からの戻り時間や昼休みの行先など、些細なことをよく覚えあい、さりげなく会話に現れることで両想いの雰囲気を醸し出します。

 

わざと離れて座る

離れていることに違和感を感じる二人。それは両想いの二人です。二人が一緒にいることには違和感がないのに、なぜか離れて席をとっていたらなんだかわざとらしい。無理に、よそよそしい雰囲気を作ろうとしていることが、なぜか駄々洩れになるのが両想いの二人です。

片思いだった間は、そばにいないと落ち着かないとばかりに自然と近づいていってしまうものですが、心の距離が重なり両想いになると人前では物理的距離をとってしまうもの。お互いが既婚同士の場合は特にそれが顕著のようです。

 

相手の話題に触れない

「課長って○○沿線に住んでいるみたいね」「○○さんは、金曜日にヨガに行ってるらしい」同僚の中でこんな噂話がでることがあります。そんなとき、話題の人物と両想いにある人は会話に加わりません。肯定も否定もせず、聞き流すでしょう。

一緒にその話題に乗ることで、自分が既にそれを知っていることを知られるかもしれません。ちょっとした発言で噂の人物への熱量を見抜かれてしまうことだってあります。よって、会話には加わらないのですが却ってそれが不自然に。その様子から、同僚たちは二人の両想いを感じ取ります。

 

既婚者同士の恋で気を付けるべきこと

好きになった人が既婚者で、かく言う自分も既婚者というのはない話ではありません。但し、お互い配偶者がいる以上、上手に好きを育てる工夫が必要です。

既婚者が既婚者を好きになったときに気を付けるべき点についてみていきます。

 

相手の状況を考える

片思い、両想いに関わらずお互い既婚者で好きが芽生えた場合は、気持ちだけを優先せず相手の環境や状況に対する配慮を心がけましょう。

シングル同士であれば、好きかどうかという点だけで動いてもそう大きな問題にはなりません。既婚者同士の場合は、関係の度合いによらず大事になることがあり得ることを改めて理解しておくのがベターです。

相手の男性の配偶者が、非常に嫉妬心が強いタイプであれば「仲の良い同僚」の範囲でもトラブルになることがあります。会社によっては不倫などが人事を左右することがあり、関係の深さに関わらず女性との付き合いに慎重な既婚男性もいます。

既婚者同士の「好き」は、気持ちを抑えることが愛情になることもあると心においておきましょう。

 

周囲にバレない配慮

人を好きになることは止められないものですが、既婚者が既婚者に恋する状況は素直に周囲に受け入れられないことがあります。二人の関係がプラトニックであったり、片思いであったとしても、「結婚しているくせに」という目で見る人は少なくありません。周囲の噂話で自分自身が辛くなることはもちろん、相手の既婚男性にもその害が降りかかる可能性があるのです。

そのような状況を作らないためにも、この関係は仲の良い友人にも相談してはいけません。どうしても恋愛相談したい場合は電話占いなどを使ってプロに相談するようにしたほうがベターです。

最悪の状況にならないためにも周囲に配慮して行動しましょう。

 

配偶者と子どもに気を配る

肉体関係を含む不倫に移らなければ、恋をしたって問題がない。とはいいきれません。

自分の配偶者が他の異性に恋心を抱いているのは、どう考えても面白いことではありません。好きの相手が芸能人など公人でないなら、そのことは配偶者には隠し通しておくのがよいでしょう。

そして、案外敏感で注意が必要なのは子どもです。子どもは母のこととなれば、こちらが思うよりよくわかっているもの。自分のことを一番好きであって欲しいママが、自分でもパパでもなく他所の誰かを好きなんて到底理解できません

大切な家族を不愉快にしたり、不安にさせないために恋心は家庭では絶対に出さないこと。それはあなた自身を守るためでもあります。

 

既婚者だって恋がしたい!大人の駆け引きで楽しんで

既婚者同士の好意について、既婚者同士が惹かれ合う理由や相手の気持ちの見極め方法や、既婚者の恋の注意点をご紹介しました。

既婚、未婚を問わず男女が一緒に過ごしていれば恋心が芽生えるのは自然なことです。それは咎められることではなく、恥ずかしいことではありません。

しかし、お互いが既婚者あるならば、現状の最優先すべきは家庭です。家庭に問題がでないことに配慮して恋をしましょう。その上で、恋を発展させるのか、そのままほのかな思いを持続させるのかは、あなた次第です。

大人ならではの駆け引きを存分に楽しんで、毎日を輝いて過ごしてみてはいかがでしょうか。

不倫成就カテゴリの最新記事